ドレスシャツ・ネクタイ

2020年バレンタインにおすすめの"Vゾーンを彩る"ギフト。女性スタイリストが特別指南!

このページをシェアする

2020/02/04

チョコレートに何かギフトをプラスして贈る“チョコ+one”が定番化している今、「今年は何が欲しい?」と尋ねられたら、迷わず「ネクタイ、チーフ、タイバー」と答えましょう。メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイの女性スタイリストがお薦めのアイテムを、そして男性アシスタントバイヤーが本音を語ります。

画像

左からドレスシャツ・ネクタイ担当の土田、横松、谷口

 

彼や父親、兄弟などに贈りたい「チョコ+one」


バレンタインデーや誕生日にはどんなものを、贈ったり、もらっていますか。一時期は、旅行や美味しいものを食べに行くという“コト消費”がメインでしたが、最近また、大切な人に思いをきちんと伝えるきっかけとして“モノを贈る”ことが見直されてきています。

「形に残るものを贈りたい」という女性の思いは、きっと「こんな男性でいてほしい」ということ。男らしさの象徴でもあるネクタイはもちろん、ノータイの時流に合わせて、アクセサリー的に使えるポケットチーフやタイバーなども女性目線から選ばれています。

 

画像

土田藍

ドレスシャツ・ネクタイ アシスタントバイヤー

 

アシスタントバイヤーの土田は、「自分がドレスシャツ・ネクタイに配属されて一番楽しかったのが、初めて迎えたバレンタインでした。女性が男性のために真剣にネクタイやチーフを選ばれているのを手伝えるのが楽しくて、さらに男性が喜んでくれたと後日報告してくださったのもうれしかったですね」と、ギフト選びのお手伝いの楽しさを振り返ります。

 

画像

横松佑希

ドレスシャツ・ネクタイ スタイリスト

 

スタイリストの横松は、「配属1年目のとき、バレンタインにネクタイを贈る女性が多いことに驚きました。女性のネクタイ選びは最後に2つの選択肢が残って、1つが“彼がたぶん好きなネクタイ”で、もう一つが“自分があげたいネクタイ”です。どちらかでとても迷われるのですが、私は、ネクタイは男性が自分で買うものなので、女性が身につけてほしいものでいいと思いますよと言うと、その言葉を信じて購入していただけます」とエピソードを。

 

画像

谷口雅樹
ドレスシャツ・ネクタイ アシスタントバイヤー
テーラードクロージングを経験後、ドレスシャツ・ネクタイに昨年春異動

 

ベテランの谷口は、「自分もそうですが、ネクタイは自分で買うといつも同じような色柄をチョイスしがちです。女性が選んでくれたものは特別だし、いつもと違う感じのネクタイをもらえたらすごくラッキーですよね。まさに記憶に残るギフトになって、ずっと大事にします」と男性の本音を語ります。

 

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

シャツ・ネクタイ・セーター・シーズン雑貨/オーダーシャツ

シャツ・ネクタイ・セーター・シーズン雑貨/オーダーシャツ

メンズ館5階 | 紳士服,紳士雑貨

OTHER NEWS

その他のニュース