紳士靴

〈ジョンロブ〉|2021年イヤーモデル「WILLIAM 75」

このページをシェアする

2020/10/20

〈JOHN LOBB/ジョンロブ〉ファン待望の2021年イヤーモデル「WILLIAM 75」が、10月25日(日)から、伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴にて数量限定で販売を開始する。

画像

「WILLIAM 75」
シューズ 368,500円
*ブラック

 

 

アニバーサリーに相応しい2021年イヤーモデルが登場!

2020年、〈ジョンロブ〉のアイコンモデルの一つであるダブルバックルシューズ「WILLIAM」は、誕生から75周年を迎えた。創設者の息子ウィリアム・ハンター・ロブから名付けられたこのモデルは、1945年にビスポークシューズとして初めて作られたのだが、当時の靴づくりにおいて前例のないスタイルであった。1982年には既成靴として販売を開始し、以来、今日に至るまで〈ジョンロブ〉で最も人気を誇るモデルの一つとなっている。

 

アニバーサリーイヤーにあたる今年は、記念モデルを3つのフェーズに渡り発表。その最後を締めくくるのは、「WILLIAM」にホールカットのレザーを初めて使用した2021年イヤーモデル「WILLIAM 75」だ。

 

 

 

画像

 

「WILLIAM 75」
シューズ 368,500円
*チョコレート

 

 

画像

 

「WILLIAM 75」
シューズ 368,500円
*ディープブルー

 

本モデルは、9795ラストでありながら前半分がダブルソールになったシャンボードダブルソールで、革を貫通せずに内部で手縫いを施すスキンステッチや、手縫いによる2021年を表す“XXI”のハンドタブなど、〈ジョンロブ〉の究極のクラフツマンシップを踏襲したモデルとなる。

新形状のバックルに加え、素材は職人の手作業によるアンティークウォッシュを施した新素材を採用しており、脱色をしたうえに色を乗せていく工程によって、磨きを重ねるごとに風合いが変わっていく経過が楽しめる。

今回伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴では、ブラック、チョコレート、ディープブルーの3色が登場。尚、10月25日(日)からの販売に先駆け、店頭では同14日(水)よりサンプルの展示を一部行っているので、ぜひこちらもご覧いただきたい。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

紳士靴

紳士靴

メンズ館地下1階 | 紳士靴

OTHER NEWS

その他のニュース