イセタン ザ・スペース

FINNISH DESIGN~1930年ヴィンテージから現代の、フィンランドを代表するインテリアが集結~

このページをシェアする

デザインギャラリーの「SNORK MODERN AND CONTEMPORARY」「ELEPHANT 」の協力のもと、2024年6月6日(木)から、伊勢丹新宿店 本館2階「ISETAN THE SPACE/イセタン ザ・スペース」にて、FINNISH DESIGN を開催いたします。

 

本展では、フィンランドのモダンデザインを牽引したアルヴァ&アイノ・アアルトを筆頭に、国際的評価を獲得しフィンランドのデザイン黄金期を支えたイルマリ・タピオヴァーラやカイ・フランク、またウリヨ・クッカプーロ、アンティ&ヴォッコ・ヌルメスニエミといった次世代デザイナーから現在に至るまで、約30名のデザイナーによる1930年代以降のヴィンテージを中心に、家具、照明、ガラス、陶作品を展示販売いたします。

 

時代の変遷や流行の移り変わりを経ても尚、デザイナー達の創造性は失われることなく私たちに訴えかけます。

デザイン大国と称されるフィンランドの、家具、照明、ガラス、陶作品をモダニズム(1930~1950年代頃)、ポストモダン(1970~1980年代頃)、コンテンポラリー(現在)と広い店内スペースをゾーニングし、時代を追って一同に展示する事でフィンランドのデザイン史を振り返り、小国フィンランドがデザイン大国となった背景を読み解きデザイナー達の創造性を体感できる機会をご提案します。

 

 

 

●モダニズム(1930~1950年代頃)

 

 

画像

 

<SNORK>

Chair 23 Karelian birch 1940’s

作家:Alvar Aalto

価格:¥5,500,000(税込み)

フィンランドを代表する建築家兼デザイナーであるアルヴァ・アアルトが1930年にデザインしたチェア23。

バウハウスの流れを汲むスチールパイプ製のカンチレバー構造の脚部と成形合板の座面で構成されたハイブリッドチェアです。

その後スチール素材に冷たさを感じていたアアルトは木製カンチレバー構造の開発に着手、数年後木製カンチレバー構造の実現に成功します。

その為製造期間が短く現存する個体数は僅かと推測されています。

こちらの個体は座面にカレリアンバーチを採用した非常に珍しい個体で希少なアーカイブ作品となります。

 

画像

 

<ELEPHANT>

BOWL(Unique Piece)

作家:Kyllikki Salmenhaara(キーリッキ・サルメンハーラ)

価格:¥440,000(税込み)

 

Kyllikki Salmenhaaraは、卓越した轆轤の技術を芸術に磨き上げたフィンランドで最も優れた陶芸家であると共に、生涯にわたり陶芸を追求した研究者・教育者。

1950年からArabiaの美術部門に在籍、不慮の怪我により1961年にArabiaを去り、この後は台湾やフィンランドで陶芸の研究や後進の指導に尽力しました。

ミラノトリエンナーレでは、1951年に銀メダル、1954年に名誉賞、1957年にグランプリ、1960年に金メダルと参加した全てで受賞。

こちらは、Arabiaの美術部門で制作された見どころの多い美しい景色の器。 作風より1950年台前半ごろの作品と推測されます。

 

 

●ポストモダン(1970~80年代頃)

 

画像

 

<ELEPHANT>

VASE

作家:Lisa Johansson-Pape(リサ・ヨハンソン・パペ)

 

Lisa Johansson-Pape(リサ・ヨハンソン・パペ)は、照明をメインに活躍したフィンランドの女性デザイナー。

フィンランド手工芸協会で長きにわたりディレクターとしてフィンランドデザインの振興や研究にも取り組みました。

1948年からIittalaとのコラボレーションを始め、1954年に発表された照明器具は、同年のミラノトリエンナーレでゴールドメダルを獲得しました。

こちらは、Iittalaから発表された『VIOLA』『ANEMONE』『ACHILLEA』『CHRYSANTHEMUM』と花の名を冠した花器シリーズ。

 

画像

 

<SNORK>

Experiment Lounge chair, Avarte 1980’s

作家:Yrjö Kukkapuro 

価格:¥770,000(税込み)

 

フィンランドで唯一ポストモダン運動に参加したウリヨ・クッカプーロが1982年にデザインしたラウンジチェア。

そこからは人間工学に基づいた安楽性の追求と異素材の組み合わせや装飾性の考察が見てとれます。

”Experiment”の名のとおり実験的なアプローチによって機能と装飾の融合を高い次元で実現させているクッカプーロデザインを代表するチェアのひとつです。

 

 

 

●コンテンポラリー(現代)

 

画像

 

<SNORK>

001 Dining Table Round / 001 Dining Chair

作家:Fredrik Paulsen 

価格:¥320,000(税込み) / ¥118,000(税込み)

 

「木が100年かけて成長するのならば、100年使われる家具でなければならない」というのが、新興の家具ブランド「ヴァールニー」のコンセプト。フィンランドの森で44%を占めるスコッツパイン(赤松)を素材に、できるだけ製材を行わず、フィンランドの伝統的な木工技術で組み立てています。

<SNORK>

山梨県に店を構える、普遍的な価値の継承と新たな価値の創造をコンセプトにした ギャ ラリー・ショップ SNORK MODERN AND CONTEMPORARY。主にモダニズム期の北 欧フィンランドを中心とした ヴィンテージファニチャーやデザインプロダクトを取り扱っています。

 

<ELEPHANT>

北欧モダンデザインのヴィンテージプロダクトやアートピースを取り扱う専門店。1950年 代に世界を席巻した北欧モダンデザインを独自の視点でセレクトし、様々な資料を元に 作品の情報を精査、深く掘り下げてご紹介しています。 

 

 

●お問い合わせ

伊勢丹新宿店本館2階 ISETAN THE SPACE
電話:03-3352-1111(大代表)

※商品に関するお問い合わせは、本館2階ISETAN THE SPACE宛のお電話にてお願いいたします。

2024-06-03 ~ 2024-07-03

このページをシェアする

OTHER NEWS

その他のニュース