デパートメントストア宣言120周年
挑戦を、愛そう。「初めて」を、これからも。 デパートメントストア宣言120周年 1904年、日本初の「デパート」となった三越。私たちはこれからも先駆者としての誇りを胸に、選ぶ、観る、触れる、知る、遊ぶなど多彩な楽しさをいち早く発信し、心躍る「初めて」に果敢にチャレンジしていきます。皆さまの暮らしをさらに幸せな笑顔で満たし、ときめく未来、輝く明日を創造するために。
デパートメントストア宣言120周年 ロゴマーク
 

ロゴマークについて

「デパートメントストア宣言 120周年」を迎える三越は、
日本橋の地で日本初のデパートとして開業いたしました。
このロゴマークは、100年以上地域のみなさまに愛されてきた
館の意匠とライオン像を象徴的にあしらい、
未来においても、お客さまにとって
楽しさにあふれ輝く場所であるために、
挑戦し続ける決意を込めて制作いたしました。

デパートメントストア宣言


「三越呉服店」設立時のご挨拶状(明治37年12月)

「三越呉服店」設立時のご挨拶状(明治37年12月)

「デパートメントストア宣言」新聞広告

「デパートメントストア宣言」新聞広告(明治38年1月)

1904年(明治37年) 三越は、日本初の百貨店の始まりを宣言します。12月6日に「株式会社三越呉服店」を設立し、初代専務に日比翁助が就任。12月20日に全国の顧客お取り組み先へ「デパートメントストア宣言」を記載したご挨拶状を発送し、翌1905年(明治38年)の年頭1月2日に全国の主要新聞紙上で発表。すべてのステークホ ルダーに対して、百貨店の誕生を宣言し、ここから日本における百貨店の歴史がはじまりました。創業以来、いつの時代もお客さま第一、時代の変化にあわせた創意工夫による「革新」を繰り返しながら、「お客さまのために」という創業より変わることのない“まごころの精神”で豊かな生活文化を提案しつづけています。

「当店販売の商品は今後一層その種類を増加し、およそ衣服装飾に関する品目は、一棟の下にてご用弁相なり候よう設備いたし、結局米国におこなわるるデパートメント・ストーアの一部を実現いたすべく候事」

「ライオン像」誕生から110年。


「ライオン像」誕生から110年。

ロゴマークについて

私たちは、いつも二体のライオン像といっしょに
お客さまをお迎えしてきました。
三越がお客さまにとって、楽しさあふれる場所であるために、
これからも、まごころを込めてお客さまと向かい合い
寄り添う気持ちを込めて制作いたしました。。

大正3年(1914)、ルネッサンス様式による鉄筋5階・地下1階建ての新店舗が落成。内装はアールデコ調で、店内には日本初のエスカレーター、エレベーター、スプリンクラー、全館暖房などの最新設備が備えられました。2頭のライオン像が正面玄関に設置されたのもこのとき。
ライオン像は当時経営トップだった日比翁助が「勇気と気品、度量の象徴」として設置。ロンドンのトラファルガー広場にあるネルソン記念塔の下のライオン像を模して作られ、三越のシンボルともいえる存在となっています。

三越呉服店本店新館

2度の危機を乗り越えたライオン像

1度⽬は関東⼤震災

⽇本橋の街も⽇本橋三越の建造物も全焼し⼤きな被害を受けたましたが、ライオン像は奇跡的に、ほぼ無傷でした。

2度⽬は第⼆次世界⼤戦

戦争末期には金属類の回収令で供出されたものの奇跡的に溶解を免れ、戦後、東郷神社(渋谷区)の境内で発見されるなど、激動の110年を乗り越え「⽣き延びた」。

三越ライオン像

日本橋三越本店では、「デパートメントストア宣言120周年」「ライオン像110年」を記念して、2024年4月1日(月)〜2025年3月31日(月)までの1年間、お客さまへ心ときめく様々な企画・イベントをお届けいたします。

「デパートメントストア宣言120周年」
「ライオン像110年」

開催期間:2024年4月1日(月)〜2025年3月31日(月)

※画像は一部イメージです。
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。掲載の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

関連するイベント

もっと見る >
紳士ファッション大市
デパートメントストア宣言120周年
イタリア展 2024
から