7階GINZAステージ

華やぐ秋のアクセサリーとクラフト展

このページをシェアする

2020/09/15

おしゃれを楽しんだり、味覚を楽しんだり、深まる秋にぴったりのクラフト作品を集めました。

女性作家ならではの繊細でやさしいディテールのアクセサリーやお洋服、うつわや小物などの中からお気に入りの一品を見つけてください。

作家のこだわりが詰まった作品は、少し疲れたこころに華やぎを与えてくれます。

出展作家

9月30日(水)~10月13日(火)

大塚ちかこ(アーティフィシャルフラワー・カゴバッグ)、伊藤かおり(カットガラス)、關まどか(陶器)

 

9月30日(水)~10月6日(火)

佐々木みどり(ガラス)、海老原由美(イラスト、ライブペインティング)、宇田眞砂子(フェルト)、ame(アクセサリー)、大平真己(陶器)

 

10月7日(水)~10月13日(火)

金田花季(イラスト)、犬童南佳子(陶器アクセサリー)、高島彩加(洋服)、キタガワアキコ(ガラス)、UKOTA(ペーパーアクセサリー)、KESIKI(帽子)

画像

大塚ちかこ

9月30日(水)~10月13日(火)

株式会社クリエイティブリビング代表取締役

2003年、東京にフラワー&ナンタケットバスケットスクール「フローラルニューヨーク」を設立。

六本木ヒルズ・アーテリジェントスクールやグランドハイアット東京にてフラワー&テーブルコーディネートのコラボレートレッスンを多数開催しテーブルスタイリングも数多く発表。

認定校は全国に50校を超える。

TV-CM,企業タイアップ、大手百貨店、雑誌連載などで活躍。

著書に「プリザーブドフラワービギナーズレッスンFLORL NEW YORK STYLE」他

画像

伊藤かおり

9月30日(水)~10月13日(火)

国立音楽大学器楽科ハープ専攻科卒業。

2001年より演奏活動の傍ら、ガラス制作を始める。(現在も演奏活動中)           

2010年より現在に至るまで全国各地のギャラリー、百貨店にて個展開催。

東日本伝統工芸展入選。

ビアマグランカイ8入選。

第5回そば猪口アート公募展入選。

2018年丹青会・招待作家枠出展。

カットガラス・キルンワーク・サンドブラストの3種の技術を駆使し、他に類を見ない切子作品を制作。

画像

關まどか

9月30日(水)~10月13日(火)

1991年東京都生まれ

2009年東京都立工芸高等学校デザイン科卒業

2013年女子美術大学芸術学部工芸学科陶専攻卒

2018年やさしい食卓器・染二人展(板橋アーカアトリエショップ)

2019年創作陶器展(伊勢丹相模原店)

日本の職人匠の技展(伊勢丹立川店)

關まどか米山佳菜子陶・硝子二人展(赤坂ギャラリーカフェジャローナ)

現在は高校の美術・工芸の講師をしながら多摩市の陶芸教室にて作陶中。オリジナルの釉薬を使ったやさしい色合いの食器を制作しています。

画像

佐々木みどり

9月30日(水)~10月6日(火)

1972年生まれ

1995年東北生活文化大学生活美術学科卒業

1996年~1997年石井グラススタジオ勤務ガラス作家(故)石井康治氏のもとで吹きガラスを始める

1997年~2000年山谷硝子工業(株)に勤務

2000年~退社後フリーで制作活動を始める

2002年新島ガラスセンター第15回ワークショップでイタリアの職人からモザイクガラスの技法を学ぶ

2007年河北工芸展入選現在都内のガラス工房で制作。

 

 

画像

海老原由美

9月30日(水)~10月6日(火

1982年千葉県生まれ

2005年女子美術大学芸術学部デザイン科造形計画専攻卒業

2005年〜2011年デザイン会社などに勤務グラフィックデザイン、イラストレーションを手がける

2013年〜フリーランスとしてイラストレーション、グラフィックデザインを手がける

2015年〜フリーランスの仕事の傍ら、スキルアップを目指しセツ・モードセミナー受講

現在 活動範囲を広げ、画家として多方面で精力的に活動中。生活に寄り添い、潤いが持てるような作品の展開を目指しています。

画像

宇田眞砂子

9月30日(水)~10月6日(火)

8月20日東京都文京区生まれ

1981年共立女子大学文芸学部卒業。

1997年シュタイナー教育を通して、羊毛の手仕事、羊毛フェルト作りに出会い、制作を始める。

2002年ブランド名hanna masakoでのフェルト制作・販売開始。

 

色とりどりの羊毛クラフトは羊毛を重ねて石鹸水で縮絨する「水フェルト手法」や、特殊な針で絡め形作る「ニードルフェルト手法」で制作。

 

 

画像

ame

9月30日(水)~10月6日(火)

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒

小さな世界に何かが浮かんでいるような、不思議なゆらめきameは脂の石に中にオリジナルのモチーフを浮かべたアクセサリー、ジュエリー。手にしてくれた人がそれぞれの思いを馳せられるような、広がる世界観と奥行きのある、オトナに向けたアクセサリーを目指しています。

画像

大平真己

9月30日(水)~10月6日(火)

1977年宮崎県生まれ、東京都在住

2000年女子美術大学芸術学部工芸科陶コース卒業2008〜12年同大学デザイン工芸学科工芸専攻専任助手2014年同大学デザイン工芸学科工芸専攻非常勤講師

画像

金田花季

10月7日(水)~10月13日(火)

  • 1974年生まれ 東洋美術学校修了

  • 1997年ザ・チョイス広告コンペ入賞

  • 1998年ザ・チョイス入選

  • 2008年ノート展入選

  • 2013年GEISAI#19最終審査候補ノミネート

  • 現在茨城県取手市にて制作

画像

犬童南佳子

10月7日(水)~10月13日(火)

  • 1985年千葉県生まれ

    2008年多摩美術大学工芸学科卒業

    2011年多治見市陶磁器意匠研究所修了

    2015年岐阜県セラミックス研究所退職

    現在千葉市にて制作。日常の生活で使うものを選んで、すこし晴れやかな気分になるような器づくりをしたいと思っています。

画像

高島彩加

10月7日(水)~10月13日(火)

2003年女子美術大学短期大学部テキスタイルデザイン専攻科修了。

身に着けるほど愛着がわき、いつもより少し楽しい気分で日常を過ごせる。

そんな染め物を目指しております。

東京都板橋区のアトリエにて制作しています。

画像

キタガワアキコ

10月7日(水)~10月13日(火)

松村潔氏に師事、バーナーワークを学ぶその他様々なワークショップに参加

2000年冬「雪のデザイン賞」入選以降、

各地(東京、浜松、函館、名古屋、奈良等)でグループ展企画展に参加。

 

ガラス制作において、常に傍に置きたいと思われるような作品作りを目指しております。

画像

UKOTA

10月7日(水)~10月13日(火)

1991年生まれ

2014年女子美術大学環境デザイン専攻就職活動の気分転換で切り絵をやったら夢中になりました。

普通のカッターで制作しています。カッターが大好きでカッターで作業できればいいので、切り絵は紙での表現だけにこだわらず針金やレジンを用いています。

画像

KESIKI

10月7日(水)~10月13日(火)

サロンドシャポー学院卒業

1999年頃よりSHOPでの販売、イベント・企画展への参加、手芸誌への作品提供など。愛着を持って長く被っていただけるようにと考えながら、素材選び・デザイン・縫製をしています。デザインと機能性が程よいバランスのシンプルな帽子を理想としています。1つ1つ丁寧に心を込めて作ることを大切にしていきたいと思っています。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

このページをシェアする

リビング

リビング

本館7階 | リビング

OTHER NEWS

その他のニュース

<イッタラ/アラビア>ニューショップオープン

<イッタラ/アラビア>ニューショップオープン

1月27日(水) から

【会期変更】<studio bacca>青木浩二~てびねりの器~

【会期変更】<studio bacca>青木浩二~てびねりの器~

5月12日(水) ~ 5月25日(火)