第68回 日本伝統工芸展

第68回 日本伝統工芸展

THE 68th JAPAN TRADITIONAL Kōgei EXHIBITION

2021年9月15日水)9月27日月)
午前10時〜午後7時[最終日午後6時終了]

日本橋三越本店 本館7階 催物会場
入場無料]

掲載の情報につきましては、諸般の事情により予告なく変更・中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
必ず事前に日本橋三越本店のホームページ 、または当ページをご確認いただき、ご来店ください。
※新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、お客さまのご入場を制限させていただく場合がございます。
予めご了承くださいませ。

主催:文化庁、東京都教育委員会、NHK、朝日新聞社、公社)本工芸会
協賛:公財)サヒグループ芸術文化財団、公財)田茂吉美術文化財団、公財)島美術館、パナソニック株式会社、公財)ーラ伝統文化振興財団
協力:あずさ監査法人、Eまちグループ株式会社、株式会社オープンドア、株式会社銀座もとじ、マツダ株式会社
特別協力:株式会社三越伊勢丹ホールディングス
※三越伊勢丹グループは、サステナビリティ活動の一環として日本伝統工芸展を開催し、芸術振興に取り組んでいます。

日本の優れた伝統工芸の保護と育成を目的に、公益社団法人 日本工芸会が毎年開催する国内最大級の公募展。
陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸7部門の一般公募作品より厳正な鑑審査を経て選ばれた入選作と
重要無形文化財保持者(人間国宝)の最新作を含む約600点を一堂に展覧いたします。

我が国には、世界に卓絶する工芸の伝統があります。伝統は、生きて流れているもので、永遠にかわらない本質をもちながら、一瞬もとどまることのないのが本来の姿であります。伝統工芸は、単に古いものを模倣し、従来の技法を墨守することではありません。伝統こそ工芸の基礎になるもので、これをしっかりと把握し、父祖から受けついだ優れた技術を一層錬磨するとともに、今日の生活に即した新しいものを築き上げることが、我々に課せられた責務であると信じます。
昭和25年、文化財保護法が施行され、歴史上、若しくは芸術上特に価値の高い工芸技術を、国として保護育成することになりました。私どもはその趣旨にそって、昭和29年以来、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門にわたり、各作家の作品を厳正鑑査し、入選作品によって日本伝統工芸展を開催してきました。このたび、第68回展(令和3年度)を開催し、広く人々の御清鑑を仰ぎ、我が国工芸技術の健全な発展に寄与しようとするものであります。

第68回 日本伝統工芸展 
受賞作品のご紹介

  • 日本工芸会総裁賞

    染織=
    風通織木綿着物「青海」
    (ふうつうおりもめんきもの「おうみ」)

    小林佐智子

  • 高松宮記念賞

    人形=
    木芯桐塑和紙貼「蒼天」
    (もくしんとうそわしばり「そうてん」)

    高田和司

  • 文部科学大臣賞

    木竹工=
    黒檀嵌荘匣「深山の彩」
    (こくたんがんそうばこ「みやまのいろどり」)

    三浦信一

  • 東京都知事賞

    金工=
    蠟型鋳銅花器
    (ろうがたちゅうどうかき)

    髙橋阿子

  • NHK会長賞

    漆芸=
    乾漆箱「新雪」
    (かんしつはこ「しんせつ」)

    水口 咲

  • 朝日新聞社賞

    漆芸=
    乾漆銀平文はちす箱
    (かんしつぎんひょうもんはちすばこ)

    しんたにひとみ

  • 日本工芸会会長賞

    陶芸=
    窯変筒花器
    (ようへんつつかき)

    羽石修二

  • 日本工芸会保持者賞

    木竹工=
    桜拭漆器「望春」
    (さくらふきうるしうつわ「ぼうしゅん」)

    甲斐幸太郎

  • 日本工芸会奨励賞

    陶芸=
    耀変流光彩深鉢
    (ようへんりゅうこうさいふかばち)

    林 恭助

  • 日本工芸会奨励賞

    染織=
    江戸小紋着尺「川蟬」
    (えどこもんきじゃく「かわせみ」)

    小宮康義

  • 日本工芸会奨励賞

    染織=
    久留米絣着物「森の光・雨音」
    (くるめかすりきもの「もりのひかり・あまおと」)

    松枝崇弘

  • 日本工芸会奨励賞

    人形=
    陶彫彩色「星河」
    (とうちょうさいしき「せいが」)

    中村信喬

  • 日本工芸会奨励賞

    諸工芸=
    硝子花入「五月雨」
    (がらすはないれ「さみだれ」)

    安達征良

  • 日本工芸会新人賞

    染織=
    琉球紅型着物「朧型・島唐辛子」
    (りゅうきゅうびんがたきもの
    おぼろがた・しまとうがらし」)

    知念冬馬

  • 日本工芸会新人賞

    金工=
    布目象嵌花文箱
    (ぬのめぞうがんはなもんばこ)

    近藤亮平

  • 日本工芸会新人賞

    木竹工=
    楓造彫装箱
    (かえでづくりちょうそうばこ)

    五十嵐 誠

各部会ごとの受賞作品の解説

実際の会場の様子はこちら

同時開催

特別展示
-わざを伝える- 文化財保存事業報告

染織 =「友禅」森口邦彦氏
(重要無形文化財保持者)

漆芸 =「髹漆(きゅうしつ)大西 勲氏
(重要無形文化財保持者)

日本橋三越本店 本館6階
美術フロアのご案内

[入場無料]

一滴の漆」人間国宝 小森邦衞一門展

■9月15日水)9月20日月・祝)
最終日午後5時終了]
■本館6階 美術特選画廊

小森邦衞 籃胎十二稜食籠「無月」

幅24.8×奥行24.8×高さ9.2㎝

5,500,000円

佐故龍平 金工展 積層の蓋物

■9月15日水)9月20日月・祝)
最終日午後5時終了]
■本館6階 美術サロン

佐故龍平 杢目金打出捻六稜香合

幅8×奥行7.5×高さ7㎝

440,000円

第68回 日本伝統工芸展
受賞作家作品特集

■9月15日水)9月28日火)
最終日午後5時終了]
■本館6階 美術工芸サロン

重要無形文化財「鍛金」保持者
玉川宣夫特集

■9月15日水)10月19日火)
最終日午後5時終了]
■本館6階 美術工芸サロン

玉川宣夫 木目金花瓶

径14×高さ14.5㎝

2,750,000円

古稀記念 萩 田原陶兵衛展

■9月22日水)9月27日月)
最終日午後5時終了]
■本館6階 美術特選画廊

田原陶兵衛 割高台茶盌

幅14.5×奥行13.8×高さ8.6㎝

418,000円

神農 巌 陶展 ー祈りー

■9月22日水)9月27日月)
最終日午後5時終了]
■本館6階 美術特選画廊

神農 巌 ー祈りー 四神「朱雀」

径26×高さ23.5㎝

2,970,000円

※画像はイメージです。

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、弊社基準によりお客さまのご入場を一時制限させていただくことがございます。
※お客さま同士、適度な距離を保ってご鑑賞ください。
※社会的距離が保たれていない場合、係員がお声がけさせていただきます。
※大人数でのご鑑賞はご遠慮ください。
※会場内では常にマスクのご着用をお願いいたします。
※会場内では会話を控えるなど、新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いいたします。

※都合により、イベントの中止や内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※会場内が混雑している場合はお待ち願うこともございます。
※作品、展示ケース、壁などにはお手を触れないようにお願いいたします。
※会場内での携帯電話のご使用はご遠慮いただきますようお願いいたします。
※会場・作品の撮影は、個人的かつ非営利目的に限り、写真撮影可とさせていただきます。ただし、動画撮影、撮影禁止マークの表示がある作品の撮影、フラッシュ、三脚を使用しての写真撮影は禁止とさせていただきます。写真の使用に関して主催・協賛・協力・特別協力の関係者、および作家は一切責任を負いかねます。

お問い合わせ先/日本橋三越本店
TEL.03-3241-3311(大代表)

シェアする

関連するイベント

もっと見る >
第68回 日本伝統工芸展
THE STORIES
日本橋三越の食メディア MITSUKOSHI DAYS