第69回 日本伝統工芸展

THE 69th JAPAN TRADITIONAL Kōgei EXHIBITION

日本橋三越本店の「第69回 日本伝統工芸展」は
終了いたしました。

2022年9月14日水)9月26日月)
午前10時〜午後7時[最終日午後5時終了]

日本橋三越本店 本館7階 催物会場
入場無料]

掲載の情報につきましては、諸般の事情により予告なく変更・中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
必ず事前に日本橋三越本店のホームページ 、または当ページをご確認いただき、ご来店ください。
※混雑の状況により、お客さまのご入場を制限させていただく場合がございます。
予めご了承ください。

主催:文化庁、東京都教育委員会、NHK、朝日新聞社、公社)本工芸会
協賛:公財)サヒグループ芸術文化財団、公財)田茂吉美術文化財団、公財)島美術館、パナソニック ホールディングス株式会社、公財)ーラ伝統文化振興財団
協力:あずさ監査法人、アンカー・シップ・パートナーズ株式会社、Eまちグループ株式会社、株式会社オープンドア、株式会社銀座もとじ、マツダ株式会社
特別協力:株式会社三越伊勢丹ホールディングス
※三越伊勢丹グループはサステナビリティ活動の一環として「日本伝統工芸展」を開催し、芸術振興に取り組んでいます。
当社グループのサステナビリティ活動についてはこちら

卓越した精緻の技と美。

日本の優れた伝統工芸の保護と育成を目的に、公益社団法人 日本工芸会が毎年開催する日本工芸の技と美が集結する公募展。
陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸7部門の一般公募作品1,158点より厳正な鑑審査を経て選ばれた入選作491点と
重要無形文化財保持者(人間国宝)の最新作を含む558点を一堂に展覧いたします。
入選者の一覧表はこちらからご覧いただけます。

我が国には、世界に卓絶する工芸の伝統があります。伝統は、生きて流れているもので、永遠にかわらない本質をもちながら、一瞬もとどまることのないのが本来の姿であります。伝統工芸は、単に古いものを模倣し、従来の技法を墨守することではありません。伝統こそ工芸の基礎になるもので、これをしっかりと把握し、父祖から受けついだ優れた技術を一層錬磨するとともに、今日の生活に即した新しいものを築き上げることが、我々に課せられた責務であると信じます。
昭和25年、文化財保護法が施行され、歴史上、若しくは芸術上特に価値の高い工芸技術を、国として保護育成することになりました。私どもはその趣旨にそって、昭和29年以来、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門にわたり、各作家の作品を厳正鑑査し、入選作品によって日本伝統工芸展を開催してきました。このたび、第69回展(令和4年度)を開催し、広く人々の御清鑑を仰ぎ、我が国工芸技術の健全な発展に寄与しようとするものであります。

三越伊勢丹のサステナビリティ
think good」ャンペーンについてはこちら

第69回 日本伝統工芸展 
受賞作品のご紹介

  • 透網代花籠「朝露」

    日本工芸会総裁賞

    木竹工=
    透網代花籠「朝露」
    (すかしあじろはなかご「あさつゆ」)

    河野祥篁

  • 蒔絵箱「凛花」

    高松宮記念賞

    漆芸=
    蒔絵箱「凛花」
    (まきえばこ「りんか」)

    田中義光

  • 備前白泥混淆花器

    文部科学大臣賞

    陶芸=
    備前白泥混淆花器
    (びぜんはくでいこんこうかき)

    隠﨑隆一

  • 神代杉網代文様箱「朔望」

    東京都知事賞

    木竹工=
    神代杉網代文様箱「朔望」
    (じんだいすぎあじろもんようばこ「さくぼう」)

    林 哲也

  • 硝子切子鉢「波瑠璃」

    NHK会長賞

    諸工芸=
    硝子切子鉢「波瑠璃」
    (がらすきりこばち「なみるり」)

    氣賀澤雅人

  • 吹分盤

    朝日新聞社賞

    金工=
    吹分盤
    (ふきわけばん)

    般若泰樹

  • 唐組帯〆「潮騒」

    日本工芸会会長賞

    染織=
    唐組帯締「潮騒」
    (からくみおびじめ「しおさい」)

    松山好成

  • 乾漆蒔絵漆箱「果てしなき」

    日本工芸会保持者賞

    漆芸=
    乾漆蒔絵漆箱「果てしなき」
    (かんしつまきえうるしばこ「はてしなき」)

    須藤靖典

  • 白磁鉢

    日本工芸会奨励賞

    陶芸=
    白磁鉢
    (はくじはち)

    五嶋竜也

  • 刺繡着物「仰ぐ」

    日本工芸会奨励賞

    染織=
    刺繡着物「仰ぐ」
    (ししゅうきもの「あおぐ」)

    武部由紀子

  • 籃胎蒟醬箱「幻想」

    日本工芸会奨励賞

    漆芸=
    籃胎蒟醬箱「幻想」
    (らんたいきんまばこ「げんそう」)

    神垣夏子

  • メロンとバナナ 帯飾り

    日本工芸会奨励賞

    金工=
    メロンとバナナ 帯飾り
    (めろんとばなな おびかざり)

    岡原有子

  • 木芯桐塑布和紙貼「夕浜」

    日本工芸会奨励賞

    人形=
    木芯桐塑布和紙貼「夕浜」
    (もくしんとうそぬのわしばり「ゆうはま」)

    満丸正人

  • 木綿風通織着物「宙」

    日本工芸会新人賞

    染織=
    木綿風通織着物「宙」
    (もめんふうつうおりきもの「そら」)

    佐竹孝子

  • 乾漆螺鈿蒔絵箱「溢水」

    日本工芸会新人賞

    漆芸=
    乾漆螺鈿蒔絵箱「溢水」
    (かんしつらでんまきえばこ「いっすい」)

    新井寛生

  • 硝子鶴首花入「凛然」

    日本工芸会新人賞

    諸工芸=
    硝子鶴首花入「凛然」
    (がらすつるくびはないれ「りんぜん」)

    川邉雅規

特別展示 -わざを伝える-
文化財保存事業報告

金工 =「彫金」中川 衛氏
(重要無形文化財保持者)

主催の日本工芸会は変革を続ける社会情勢の中、伝統工芸技術の保存と次世代への継承のため、日本伝統工芸展などの開催とともに重要無形文化財保存活動を行っています。昭和40年度より国の補助金を得て、重要無形文化財の保持者による伝承者養成研修会を開き、幾多の成果を挙げています。

会場では、彫金」の重要無形文化財保持者である中川 衛氏の研修会の模様をご紹介いたします。彫金技法のひとつ平象嵌技法を用いて鋳造花器に象嵌文様をつける制作風景や道具、研修生の作品を展示します。

特別展示 -わざを伝える- 文化財保存事業報告

ギャラリートーク

■各日 午後0時30分~
■日本橋三越本店 本館7階 催物会場

※所要時間は各回約30~45分を予定しております。
※椅子のご用意はございません。
※諸般の事情により予告なく変更・中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。

受賞作家による作品解説

9月17日土)

木竹工】河野祥篁
日本工芸会総裁賞)

漆芸】田中義光
高松宮記念賞)

陶芸】隠﨑隆一
文部科学大臣賞)

9月18日日)

諸工芸】氣賀澤雅人
NHK会長賞)

金工】般若泰樹
朝日新聞社賞)

染織】松山好成
日本工芸会会長賞)

※敬称略

列品解説

9月14日水)
陶芸】石﨑泰之
岐阜県現代陶芸美術館長)

9月16日金)
染織】小山弓弦葉
東京国立博物館学芸研究部調査研究課工芸室長)

9月19日月・祝)
漆芸】山岸一男
重要無形文化財保持者)

9月20日火)
金工】奥村公規(金工作家)

9月21日水)
木竹工】近藤都代子
東京藝術大学美術学部非常勤講師)

9月22日木)
人形】今井陽子
国立工芸館主任研究員)

9月23日金・祝)
諸工芸】渡邊 明(硝子作家)

※敬称略

東京国立博物館創立150年記念
ギャラリートーク

9月24日土)
小山弓弦葉
東京国立博物館学芸研究部調査研究課工芸室長)

今年創立150年を迎えた東京国立博物館では、10月18日火)ら特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」を開催。約12万という膨大な所蔵品の中から、国宝89点すべてを含む名品計150点が展示されます。
ギャラリートークでは、展示されている伝統工芸の源流ともいえる江戸時代以前の工芸作品について、特別展およびこの秋に東京国立博物館 本館に出品する作品を中心に、その見どころについてお話しいただきます。

※敬称略

イベント

きもので楽しむトークショー

~長板中形・松原伸生×
江戸小紋・藍田愛郎が語る型染の未来~

■9月17日土)後2時~3時
■日本橋三越本店 本館7階 特別食堂

※事前予約制

日本工芸会正会員、松原伸生氏と藍田愛郎氏に、日本伝統工芸展の見どころから、型染のきものの魅力、技術の継承についての体験談を交えて、きもの文化、型染の未来への想いなどを語っていただきます。

参加費:1,540円 ※ケーキセット付
定員:15名さま ※先着順1グループ2名さま分までお申し込み可能)
お申込み期間:
9月1日木)前10時~9月16日金)後6時
※当日は、きものでご参加ください。

きもので楽しむトークショー

左)原伸生氏、右)田愛郎氏

エムアイカード プラス
新規ご入会プレゼント

■9月14日水)9月26日月)

日本伝統工芸展会場にて、新規にエムアイカード プラスにご入会いただいたお客さま先着50名さまに
「東京国立博物館オリジナルクリアファイル1枚/A4サイズ)を差しあげます。

※絵柄は5種類用意しております。先着順でお選びいただきます。
※各柄、無くなり次第終了となります。

東京国立博物館オリジナルクリアファイル

エムアイカードウイーク連動企画

■9月21日水)9月26日月)

日本伝統工芸展関連販売コーナーにて、エムアイカード プラスで税込2,200円以上お買いあげいただいた先着250名さまに「伊藤若冲『若冲画譜』のポストカード2枚/『紫苑』鶏頭』)をプレゼントいたします。

※無くなり次第終了となります。

「若冲画譜」のポストカード

日本橋三越本店 本館6階
美術フロアのご案内

[入場無料]

白瓷捻壺

重要無形文化財保持者
前田昭博 白瓷譜 2022

■9月14日水)9月19日月・祝)
最終日午後5時終了]
■本館6階 美術特選画廊

白瓷捻壺
径22.4✕高さ27cm)
2,200,000円

沈金食籠「鎮守」

―気韻生動― 鳥毛清漆芸展

■9月14日水)9月19日月・祝)
最終日午後5時終了]
■本館6階 美術特選画廊

沈金食籠「鎮守」
径22.4✕高さ16.4cm)
1,100,000円

氷青釉高杯

冨川秋子陶展 ―透磁季―

■9月21日水)9月26日月)
最終日午後5時終了]
■本館6階 美術サロン

氷青釉高杯
幅22.2✕奥行21.5✕高さ21.5cm)
132,000円

日本橋三越本店 本館4階
呉服フロアのご案内

[入場無料]

三越秋の京呉服均一会

三越秋の京呉服均一会

■9月14日水)9月27日火)
■本館4階 呉服フロア

京呉服均一会」は1937年にスタートした歴史ある名物催事で、毎年春と秋の2回、本館4階 呉服フロアで開催しています。国内手縫いのお誂え・お仕立付」が「20万」30万」50万」というジャストプライスで、きもののお仕立てが初めての方にもわかりやすい価格となっています。男のきものを含め、500点を超える豊富な品揃えでご紹介いたします。

日本伝統工芸展
三越伊勢丹グループ巡回情報

・名古屋:
9月28日水)10月2日日)
星ヶ丘三越

・札幌:
10月18日火)10月23日日)
札幌三越

・仙台:
2023年1月20日金)1月25日水)
仙台三越

・福岡:
2023年2月1日水)2月6日月)
福岡三越

■写真撮影について

・展示作品の撮影携帯電話・スマートフォン含む)ついて、個人的かつ非営利的な利用目的に限り、撮影いただけます。
・撮影の際は展示台より手前でお撮りください。
・撮影禁止マークが表示されている作品は撮影できません。
・フラッシュ、三脚一脚・脚立などを含む)自撮り棒は使用できません。
・動画の撮影はできません。
・他の鑑賞者、対象作品以外の作品が写り込まないようご注意ください。
・作品の安全と他の鑑賞者の妨げにならないように注意して撮影されるようご協力ください。混雑状況等により、撮影を全面禁止する場合があります。

■撮影された写真のSNS等での利用について

・営利目的にはご利用になれません。
・作品写真に変更 ・加工などを加えることはできません。
・クレジット作家名・作品タイトル)表示をお願いいたします。
・撮影された写真に来館者が写っている場合、その公表にあたっては写り込んだ方の肖像権に触れる可能性がありますので、ご注意ください。
・ご使用の際は利用者の責任においてお願いいたします。 主催者は一切の責任を負いません。

※画像はイメージです。
※価格はすべて税込です。

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、弊社基準によりお客さまのご入場を一時制限させていただくことがございます。
※お客さま同士、適度な距離を保ってご鑑賞ください。
※社会的距離が保たれていない場合、係員がお声がけさせていただきます。
※大人数でのご鑑賞はご遠慮ください。
※会場内では常にマスクのご着用をお願いいたします。
※会場内では会話を控えるなど、新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いいたします。

※都合により、イベントの中止や内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※会場内が混雑している場合はお待ち願うこともございます。
※作品、展示ケース、壁などにはお手を触れないようにお願いいたします。
※会場内では、鉛筆以外の筆記用具の使用はご遠慮ください。ボールペンなどはインクが飛散するおそれがあるので使用をお控えください。
※会場内での携帯電話のご使用はご遠慮いただきますようお願いいたします。

お問い合わせ先/日本橋三越本店
TEL.03-3241-3311(大代表)