和菓子で描く七夕物語、職人たちの傑作選

7月7日の七夕と聞いて思い出すのは、織姫と彦星のふたりが再会する物語。そして七夕の食べ物といえば、そうめんでしょう。昔から天の川や織姫の織り糸に見立てられ、七夕の行事食として楽しまれてきました。しかし、「見立て」ということであれば、それが和菓子職人の得意分野であることをお忘れなく! 七夕という日本で最もロマンティックな季節の行事を、おいしく、美しく、優雅に表現した和菓子を、どうぞお楽しみください。

七夕の夜空を切り取って

琥珀羹に銀箔をちりばめ、七夕の世界を描きました。下にはみじん羹と小倉羹を二層仕立てにし、あっさりと夏らしい味わいに。まるで夜空を切り取ったかのような佇まいも魅力です。

<京都/七條甘春堂>天の川
1,080円(240g)

SHOP INFO
■日本橋三越本店 本館地下1階/菓遊庵
■銀座三越 本館地下2階/菓遊庵
[販売期間]ともに2020年7月7日(火)まで

ひと箱に詰めた七夕飾り

五色の短冊、笹の葉、天の川などを表現した干菓子の詰合せです。お子さまにプレゼントしたときは、蓋を開けた瞬間の表情をお見逃しなく。テキスタイルブランド〈SOU・SOU〉のメッセージカード付き。

<京都/亀屋良長>暦(七夕)
864円(45g)

SHOP INFO
■日本橋三越本店 本館地下1階/菓遊庵
■銀座三越 本館地下2階/菓遊庵
[販売期間]ともに2020年7月7日(火)まで

ほんのり甘い星の欠片

夜空に瞬く星々を思わせる伝統ある琥珀菓子。薄く乾燥させた表面はサックリ、中はしっとり。繊細な甘みが楽しめます。きらきらとした宝石のようでもあり、なんだか食べるのが勿体ないような。

<島根/三英堂>氷室
648円(130g)

SHOP INFO
■日本橋三越本店 本館地下1階/菓遊庵
■銀座三越 本館地下2階/菓遊庵
[販売期間]ともに2020年7月7日(火) まで

職人の技術もキラリッ

織姫と彦星を、取り揃えた上生菓子です。細部まで丁寧に作られているふたりの衣装に、職人の高い技術が光ります。この織姫と彦星は、別々に販売しています。つまり、今年の七夕に、ふたりが再会できるかどうかは、お客さま次第。七夕の物語のハッピーエンドを期待しています!

<菓匠花見>織姫・彦星
各378円(各1個)

SHOP INFO
■日本橋三越本店 本館地下1階 菓匠花見/柱番号A-5
■銀座三越 本館地下2階/和菓子
[販売期間]ともに2020年6月24日〜7月7日(火) まで

FLOOR GUIDE
日本橋三越本店 新館地下2階
銀座三越 本館地下3階

※価格はすべて税込です。
※記事掲載日時点での商品情報のため、お取り扱いのない場合がございます。また、商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※品切れの際はご容赦ください。
※写真はイメージです。

この記事のお気に入り登録数: 2
シェアする