人気シューシャイナーによる緊急座談会開催!|ISETAN靴博2022


ISETAN靴博では、靴磨き職人の共演「シューシャインスタンド」も目玉のひとつ。
ということで、全国から駆けつけた6人の精鋭たちをご紹介。プロフィールや自慢の1足を参考に、ぜひ熱いご指名を!また、記事の後半では4人のシューシャイナーが靴博を目前に、その熱き意気込みを語ってくれた。

 

目次

  1. 靴博2022に選ばれた熱きシューシャイナーの6人はこちら!
    1. Shoe Shiner_001 THE WAY THINGS GO_石見 豪さん
    2. Shoe Shiner_002 Y’s Shoeshine_杉村 祐太さん
    3. Shoe Shiner_003 BRIFT STAND_濱岡 洋さん
    4. Shoe Shiner_004 GMT FACTORY_冨樫 輝好さん
    5. Shoe Shiner_005 Brift H_鶴見 真子さん
    6. Shoe Shiner_006 HARK KYOTO_寺島 直希さん
  2. 靴博2022に向けて、緊急座談会開催!
    1. 今年は国内随一の靴磨き職人が集まる「シューシャインスタンド」
    2. 職人ごとに異なる磨きを楽しむのもイベントならでは。
    3. 情熱的、でも親しみやすい。もっと革靴が好きになる。

 

靴博2022に選ばれた熱きシューシャイナーの6人はこちら!

 

Shoe Shiner_001
THE WAY THINGS GO_石見 豪さん

参加日程_10月1日(土)~2日(日)
ご予約はこちら
 
・ 活動拠点_大阪
・お気に入りの一足_ジョンロブ[ラッセル]
・得意技_水分をほぼ使わない鏡面磨き

1982年生まれ。路上での活動からスタートし、2012年には靴磨きの出張サービスを創業する。栄えある第1 回靴磨き日本選手権優勝者。現在は大阪の登録有形文化財指定建物内に位置する靴磨き店「THE WAY THINGS GO」のオーナー兼シューシャイナーを務める。

Shoe Shiner_002
Y’s Shoeshine_杉村 祐太さん

参加日程_10月1日(土)~2日(日)
ご予約はこちら
 
・活動拠点_静岡
・お気に入りの一足_アンソニー クレバリー[キャメロン]
・得意技_つま先・サイド・かかとのスリーポイント

1990 年生まれ。洒落者の父の影響を受け、高校生の頃から靴を磨くように。大学を卒業後に一度は建築士への道を進むも、30歳を目前にしてシューシャイナーを志す。ロンドンで開催された第3 回ワールド・チャンピオンシップ・イン・シューシャイニングにて優勝。

 

Shoe Shiner_003
BRIFT STAND_濱岡 洋さん

参加日程_10月1日(土)~2日(日)
ご予約はこちら
 
・活動拠点_東京
・お気に入りの一足_ガジアーノ&ガーリング[パンチドキャップ]
・得意技_一磨入魂
 
第100代・101代 総理の靴磨き番。
2018年に長谷川裕也氏がオーナーを務める靴磨き専門店「Brift H」と業務提携を結び、新ブランド『BRIFT STAND』を立ち上げ、代表をつとめる。「足元から日本を元気に」という想いのもと、より多くの人に靴磨きの魅力を知らしめ、裾野を拡げることに主眼を置いている。現在は企業に勤めるビジネスパーソンの皆様を足元から輝かせる為に、法人向けの靴磨きセミナーや出張靴磨き、社内靴磨き部を展開している。

Shoe Shiner_004
GMT FACTORY_冨樫 輝好さん

参加日程_9月23日(金・祝)~25日(日)
ご予約はこちら
 
・活動拠点_東京
・お気に入りの一足_トリッカーズ[カントリーブーツ]
・得意技_革に優しく接する

1982年生まれ。22歳でGMT に入社し、靴の販売を経験。その後、自社の業態拡大に伴って服、靴、鞄などの修理を行う「GMTファクトリー」のリペア部門管理者となる。シューズだけでなくアクセサリーへの造詣も深く、話のネタも豊富な頼れる兄貴分。

 

Shoe Shiner_005
Brift H_鶴見 真子さん

参加日程_9月23日(金・祝)・25日(日)
*9月24日(土)は田原朋哉氏(Brift H)が在店
ご予約はこちら

・活動拠点_東京
・お気に入りの一足_金沢ココン[アルル]
・得意技_鶴の舞

青山の名店「ブリフトアッシュ」からは、一定期間ごとに複数の職人が靴博に参加する。金沢出身の鶴見さんは、今年の5月に入社したばかりながらメキメキと力をつける期待のホープ。女性らしい感性ときめ細やかな仕事で、早くもファンを獲得している。

Shoe Shiner_006
HARK KYOTO_寺島 直希さん

参加日程_9月23日(金・祝)~25日(日)
ご予約はこちら
 
・活動拠点_京都
・お気に入りの一足_アーチケリー[パンチドキャップ]
・得意技_豚毛フィニッシュ

10代から本格的な靴磨きを初め、大学在学中に路上磨きで有名となる。2019年には、靴磨き選手権大会にて史上最年少で優勝。その後、欧州各地を巡り世界の靴磨きを学ぶ。20年に地元京都にて「ハーク」を開業。経験を活かした誠実なサービスの提供で評判を博している。

 

靴博2022に向けて、緊急座談会開催!


来場者同様、出演者にとっても今回の靴博は一大イベント。イベントを盛り上げる4人のシューシャイナーは、どんな熱意をもって開会の日を迎えるのか。過去の靴博の想い出とともに語ってもらった。

 

左から:冨樫さん、杉村さん、新井田 隆さん(ブリフトアッシュ)、濱岡さん

 

今年は国内随一の靴磨き職人が集まる「シューシャインスタンド」


冨樫さん:いよいよ開催目前!

濱岡さん:最近はコロナの影響で大きなイベントがめっきり減っていましたし、今年の靴博への期待値は大幅に高まっていますよね。

杉村さん:僕は静岡が拠点なので、東京に来る機会がコロナ以降めっきり少なくなってしまって。職人の皆さんにも、こうしてまたお会いできることが非常に光栄です。

冨樫さん:久しぶりだけど、相変わらず真面目だね(笑)。

新井田さん:でも、その気持ちはわかりますよ。これまで当たり前に感じていた仲間やお客様との直接的なコミュニケーションが、いかにありがたいことか身に沁みました。

杉村さん:今日の座談会には参加されませんでしたが、大阪の石見さんや京都の寺島さんも参戦されますしね。楽しみです。

 

職人ごとに異なる磨きを楽しむのもイベントならでは。


濱岡さん:僕は2019年から靴博に参加していますが、昨年はどうしても規模を縮小せざるを得なかった。その点、今回は盛り返したい。個人的には、2020年の靴博を超えるものにしたいなと。

杉村さん:あの時はすごかった。オープンと同時に何十人もお客様が来て、行列になりましたよね。

濱岡さん:ここにいる4人は全員経験していますが、皆さん午前中のうちにその日の予約シートが埋まっていましたね。

冨樫さん:本当にありがたい。内心では怖いんですよ。職人同士で仲が良いとはいえ、いわばみんなライバルなわけだし。自分だけ人気がなかったらどうしようって。

杉村さん:ヒマだったら邪魔しに行こうとか思いますもんね笑。

新井田さん:そう。でも、そんな余裕はありませんでした笑。それでどんどん僕らもテンションが上がり、余計に楽しくなってくる。

冨樫さん:全国から靴磨き屋さんが集まって、まるでお祭りのよう。全国見渡しても、こういう規模のイベントってほかにないんですよ。

新井田さん:確かに。靴博ならではの価値だと思います。

濱岡さん:靴磨き職人の仕事って、同じように見えて実はそれぞれに個性がある。靴博に出場する職人は皆さん当然お上手ですが、誰が磨くかによって靴にも違った魅力が現れます。その違いもぜひ、体感してほしいです。


杉村さん:靴を見れば、誰が磨いたかなんとなくわかりますからね。

冨樫さん:うんうん。例えば杉村さんは色のグラデーションがすごくキレイ。単色の靴にしても数種類の色のワックスを使っていたり。

新井田さん:確かに。黒い靴にもあえて黒いワックスを使わず、いつもひと捻り入れている印象。

杉村さん:恐縮です笑。

冨樫さん:新井田さんは、アーティスティックな感じがする。

新井田さん:僕の飽きっぽい性格が出ているのかもしれません。同じことはしたくないというか。光らせ方とかも、現場でお客様の顔を見て考えたりもしています。

冨樫さん:当然、使う道具も磨きのプロセスも違うわけで、その辺も革靴好きには堪らないかと。

濱岡さん:磨いている最中の会話にも個人差が出ますよね。職人って固そうなイメージがあるかもしれませんが、靴博はみんなでワイワイやっているし、すごくフランクな雰囲気。お互いのブースが近いのもあって、皆さんがお客様とどんな話をしているのかを探るのも密かな楽しみだったりします。

杉村さん:僕、前回は冨樫さんのお隣で。すごく面白かった。

冨樫さん:いろいろしたね〜、カブトムシの話とか、怪談とか。夏の終わりにぴったりでしょ笑。お客様が目の前にいるのに、杉村さんを交えてクロストークしてた。

新井田さん:そもそも靴の話って、仕事の話に自然とつながりやすい。皆さんそれぞれにストーリーがあるので、聞いていてすごく興味深いんですよ。靴の用途を聞くことで、磨き方も変わってしますし。

冨樫さん:あ、ずるい。急に真面目。でも、確かにそう。自然な会話の中でヒアリングをして、それにあったケア、仕上げを心がけていますね。


冨樫さん:いずれにせよ、靴やファッションの話だけでなく一風変わったコミュニケーション込みで期待してほしいですね。

杉村さん:何回いらっしゃっても、決して飽きさせませんよ!

新井田さん:それこそ、連日いらっしゃって、磨く靴ごとに職人の指名を変えていただく方もいます。

冨樫さん:隣のブースにお客様がいるな〜と思っていたら、急に「冨樫さん、明日行くんで!」と声をかけられたこともあります。

濱岡さん:そういえば、靴博には全員の磨きを制覇するツワモノがいらっしゃるというウワサも。あれ、本当ですからね。インスタを見ればわかりますよ。

冨樫さん:すごいんです、皆さんの熱が。新井田さんが所属するブリフトアッシュは複数の職人が期間ごとに入れ替わるんですが、となると常連さんは新井田さん以上の参加率になりますよね。

新井田さん:確かに、そうなっちゃいますね笑。

 

情熱的、でも親しみやすい。もっと革靴が好きになる。


杉村さん:まあ、靴博は僕らもお客様も特別な熱意を持った、一大イベントなんだよってことで。

冨樫さん:あれ、どうした? 急にまとめようとしてない?

濱岡さん:そろそろお時間のようですし(笑)。ともかく、常連さんも初めての方も、そして当然我々も。みんなで力を合わせて盛り上げていきましょうよ!

杉村さん:初めての方は特に、気軽な気持ちでご来場いただきたいですね。靴磨きに対して妙なハードルなんて感じずに。

冨樫さん:そう、ハードルなんてありませんから。今日の僕の格好を見れば一目瞭然でしょう!? 他のみんなはスーツでキメてますけど、実は全員ラフで気さくです。新井田さんはいつも優しいし、磨き方も親切に教えてくれる。あと、濱岡さんはいつだって汗だくで頑張ってます笑。

濱岡さん:それ、靴磨きに関係ないですよね?

一同:爆笑

濱岡さん:僕らはみんなこんな感じなので、是非気軽に足を運んでみてください!
  

 

 
  • イベント情報
  • 「ISETAN靴博2022」
    • 開催期間:9月21日(水)~10月4日(火)
    • 開催場所:伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーション、メンズ館地下1階 紳士靴
  •  
  • コンテンツ情報
  • 「シューシャインスタンド」
  • 開催期間:9月23日(金・祝)~25日(日)、10月1日(土)~2日(日)のみ
  • 開催場所:伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
  • ・混雑状況により、入場の順番を決める抽選を行う場合がございます。

    ・混雑状況により、購入点数を制限させていただく場合がございます。

    ・一部商品は三越伊勢丹オンラインストアでも販売を予定しております。

    *三越伊勢丹オンラインストアは9月21日(水)午前10時頃より順次販売開始予定です。

 

Photo: Takuya Furusue
Text: Naoki Masuyama

Post by ISETAN MEN'S net

 

*撮影時のみマスクを外して、撮影を実施しています。
*価格はすべて、税込です。
*本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
*掲載の情報につきましては、諸般の事情により予告なく変更・中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。必ず事前にホームページをご確認いただき、ご来店ください。
*新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、お客さまのご入場を制限させていただく場合がございます。予めご了承くださいませ。


お問い合わせ
伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
電話03-3352-1111 大代表
メールでのお問い合わせはこちら