「アニショップ」待望の第2弾は<レッド・ウィング>とのコラボで登場!

定番のファッションと昭和酒場のコンテンツで人気の”アニキ”こと、片野英児氏がイセタンメンズとコラボレーションして生まれた期間限定ショップ「アニショップ」。第2弾は、〈RED WING/レッド・ウィング〉とコラボレーション!──2月24日(水)から3月2日(火)まで、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階 紳士靴のカジュアルゾーンで「アニショップ2」の開催が決定。発売後60年経っても変わることなく愛され続けているロングセラー「ポストマン」のアニキ別注モデル「アニポストマン」が登場します。また、三越伊勢丹オンラインストアでも2月24日(水)から期間限定で発売を開始します。

<レッド・ウィング>商品一覧を見る

それではお待ちかね、アニキに今回登場する靴のこだわりを訊きました。

今回アニキが選んだのは、1954年に発売された名作靴

昨年10月に開催した、<Le Sans Pareil/ル サン パレイユ>ジャケットと、バッグとスニーカーを集積した「アニショップ」には、たくさんのご来場をいただきありがとうございました。予想を上回る反響があってとてもうれしかったです。

その好評に気をよくして、第2弾では<レッド・ウィング>とのコラボレーションを企てました。<レッド・ウィング>というとラギッドなイメージが強いと思いますが、自分が一番好きなモデルは「ポストマン・オックスフォード#101」です。アメリカの軍人を始め、警察官や郵便局員など、制服を着て働く公務員用の靴として長く愛用されているのは有名なエピソードで、いわゆるサービスシューズの大定番です。

自分はこのポストマンのサイズUS8.5を一番履いていて、すごく歩きやすいので、都内でも3~4キロぐらいなら歩いても少しも苦になりません。ラスト(木型)210番との相性も良いのでしょうが、歩くほどに内側のアーチがグッときて、スニーカーのように快適です。

90年代半ばにアイリッシュセッターの白ソールを愛用していたことがあって、「ポストマンを白ソールに替えることはできないのかな?」と思ったのが<レッド・ウィング>とのコラボレーションの始まりでした。そして、相談して生まれたのが、“ミルク(白)”とコーヒー牛乳のような色の“カフェ”のソールの別注モデル「アニポストマン」です。

レッド・ウィング>
「ANI POSTMAN」 (ブラック×ミルク)42,900円 商品を見る
「ANI POSTMAN」 (ブラック×カフェ)42,900円 商品を見る
□伊勢丹新宿店メンズ館地下1階 紳士靴/三越伊勢丹オンラインストア
*2月24日(水)午前10時頃より発売開始予定

コーヒー牛乳のような色のソールを付けたらしっくり馴染んで、すっかりお気に入り

アニショップで取り扱うコラボや別注のコンセプトの根源には、「自分が欲しいな、こんなのがあったらいいな」というのが必ずありますが、アニポストマンも、通常のポストマンはオールブラックでカッコいいけど、ソールを白系にしたら、ぱっと見、<レッド・ウィング>の靴に見えないんじゃないかという狙いもありました。

通常はアウトソールとミッドソールが同色の黒ですが、アニポストマンは、アウトソールにミルク(白)とカフェの2色を採用。あえてミッドソールの黒を残すことで、ウエルトの黒とミッドソールの黒の厚みが出て、黒の存在感が増すと同時に、アウトソールの白がシャープになって、新鮮なアクセントを靴に加えています。

ポストマンのフラットなクッションクレープ(クッション性に富む柔らかいラバー製の厚いソール)が大好きで、今回はコーヒー牛乳を連想させるカフェ色のソールを試してみたら、思いのほか大人の顔に仕上がって、白との2色展開になりました。

アニポストマンの着こなしは、<レッド・ウィング>がアメリカの靴なので、デニムのセットアップなどが直球ですが、そこはひねって、フレンチのカバーオールに仏軍のチノパンなど、アメリカっぽくないものに合わせるのが気分。また、ビジネスマン用のラバーシューズでもあるので、キレイめジャケパンの足元にも白ソールは遊びがあって良いと思いますね。

今回の限定ショップ「アニショップ2」では、アニポストマン1型2色に加えて、“ドレス向けの黒い<レッド・ウィング>”6型をチョイスし、RED WING(赤羽)ならぬ、BLACK WING(黒羽)を集結させました。

レッド・ウィング>左から順に:
「1930sスポーツブーツ #8075」42,900円 商品を見る
「ポストマン チャッカ#9196」 39,490円 商品を見る
「キャバリー チャッカ#9096」 54,890円 商品を見る
「ポストマン オックスフォード/ゴアテックス#9183」 48,400円 商品を見る
「ポストマン オックスフォード#9112」(スエード)38,500円 商品を見る
「ポストマン オックスフォード#101」(スムース)38,500円 商品を見る
□伊勢丹新宿店メンズ館地下1階 紳士靴/三越伊勢丹オンラインストア
*2月24日(水)午前10時頃より発売開始予定

(左から)今回ピックアップした黒羽根たちをご紹介します。USPS(米国の郵便局)の指定靴として、郵便局員たちに履かれていたチャッカ丈の#9196も、着こなしのアクセントに最適。さらに、良い意味で、「オシャレじゃない外人が履いていそうなイケてない感じ」にグッと来たのが、「1930sスポーツブーツ」。ラスト(木型)は8番で、レザーは茶芯のブラックレザーであるブラック・プレーリー。オイルを含ませた革の銀面(表面)をそのまま加工せずに、薄い塗装を施したフルグレインレザーで、ステッチ使いにも惹かれます。

昨年登場して以来、雨の日にも履けるとビジネスマンに好評の「ポストマン オックスフォード/ゴアテックス」は、このモデルの最大の特徴でもあるワンピースヴァンプの見た目はそのままに、ゴアテックスを使用した防水仕様になっています。そして最後に、定番「ポストマン オックスフォード」は、品番#101でおなじみのスムースレザー(表革)と、ラフアウトレザー(スエード)でよりカジュアルに楽しめる#9112の2型をセレクトしました。

アニポストマンを購入した方には、特製のマグカップとシールをプレゼント!

今回の「アニショップ2」でアニポストマンをご購入いただいた方には、<レッド・ウィング>公式マグカップと特製ステッカーをプレゼント。その他のラインナップにも特製ステッカーをお付けします。ここでしか手に入らないので、ぜひゲットしてください。また、前回10月には1時間店長を務めましたが、今回も初日の2月24日(水)午後6時~午後7時に予定しています(*)。さらに速報! アニショップ3を4月に開催予定ですのでお楽しみ!

*都合により来店が中止、または変更、時間帯により不在の場合がございます。

<レッド・ウィング>商品一覧を見る

【関連記事】►「アニショップ」第2弾は、<レッド・ウィング>コラボ限定モデルがメンズ館先行発売。>>

YOUTUBEチャンネル「アニチューブ」はこちらから>> 

イベント情報

「アニショップ2」ポップアップ
開催期間:2021年2月24日(水)~3月2日(火)
開催場所:伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴

【特典】
「ANI POSTMAN」をご購入のお客さま全員に、特製マグカップ+ステッカーを、その他定番商品をご購入のお客さまにはステッカーをプレゼントいたします。

【片野英二氏来店情報】
□2021年2月24日(水)午後6時~7時まで
■写真撮影について
「アニショップ」店頭にて「ANI POSTMAN」をお買い上げのご希望者先着20名様に、整理券を配布いたします。片野氏来店予定の午後6時から順次写真撮影が可能です。
*購入されていない方の撮影はご遠慮くださいませ。

*都合により来店が中止、または変更、時間帯により不在の場合がございます。

営業時間変更のお知らせ>>

「メンズシューズ」特集ページを見る

紳士靴Instagram:@isetanmens_shoes



Photo:Tatsuya Ozawa
Text:Makoto Kajii
 

*価格はすべて、税込です。
*本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

この記事のお気に入り登録数: 1
シェアする