<ブラミンク>の2022春夏ポップアップストア開催。現代女性にふさわしいワードローブ

<ブラミンク>の2022春夏ポップアップストア開催。現代女性にふさわしいワードローブメインビジュアル

“本質的な洋服の価値”を追い求め続ける、そのブランド哲学に魅了された多くの大人の女性たちに支持されている<BLAMINK/ブラミンク>。この度、伊勢丹新宿店 本館4階 センターパーク/ザ・ステージ#4では、2022年春夏の新作コレクションを取り揃えたポップアップを開催します。

Information

BLAMINK POP UP STORE
■2022年3月16日(水)~3月22日(火)
■伊勢丹新宿店 本館4階 センターパーク/ザ・ステージ#4

<ブラミンク>が追い求め続ける、
「現代を生きる女性にふさわしい洋服とはなにか」

消費的な流行と一定の距離を保ち、長い時を経ても変わらない普遍性と、着る人が内面から輝けるような高揚感が共存する本質的な洋服の価値を追い求める<ブラミンク>。

2016年秋冬のブランド立ち上げ当初より、大げさなブランドコンセプトやシーズンテーマは設けず、「現代を生きる女性にふさわしい洋服とはなにか?」を命題に掲げ真摯に服作りと向き合っている。伝統的なテーラリングの仕立てや、佇まいの美しさに基づき設計されたパターン、縫製テクニックなど、それぞれの服のバックボーンを踏まえたものづくりの哲学を大切に、移ろいゆく表面的な美しさに溺れることなく、真摯に作られた洋服は纏う女性たちの美意識や感情を揺さぶり続ける。

<ブラミンク>2022春夏コレクション

ショートスリーブブラウス

薄手のシルクコットンローンで仕立てたブラウス。すりガラスのように肌がうっすらと透ける繊細な素材感が、上品なエレガントさを醸し出す。体を包むような丸みを帯びたシルエットを形作るパーツ一つひとつのラインの美しさは、<ブラミンク>のシグネチャーとも言えるディテール。詰まった首元に、ラウンドした裾、緩やかなカーブを描く袖は、シアーな素材であることから縫い代の布の重なりがうっすらと透けて、トリミングされたようなコントラストとして現れ、さりげなくも確かな存在感が漂う。袖口のボタンは外して、ラフな着こなしを。

サマーニットとサマードレス

<ブラミンク>のなかでもプレーンなニットには、過去ある雑誌で問い合わせが殺到したほどの定評がある。新作のカシミヤを混紡したリネンのハイゲージサマーニットは、春夏に向けた快適さを兼ね備えた一着。緻密に仕上げた編み地による柔らかな肌触りで、通気性も良く、さらりと着られる心地良さ。あえてリネンのふしが表面に見える、凹凸ある素材感によりシンプルでありがならも個性が光る。羽織としても、ボタンを留めて一枚着ニットとしても、これからの季節には欠かせない一着に。

ブラックカラーのサマードレスは、ウエストラインへ美しく沿うように縦にパネルを切り替えた、往年のドレスを彷彿させるフィット&フレアシルエットがエレガント。体に心地よくフィットする上半身とは対照的な、裾にかけてのたっぷりなフレアは、足さばきを存在感あるものに見せてくれる。素材は華美になりすぎない、光沢あるシルクリネン。現代女性の日常に寄り添った、<ブラミンク>らしいドレスの提案。

バックリボンのノースリーブブラウス

春への気持ちを高めてくれる、真っ白なノースリーブブラウス。表面に凹凸のある表情豊かな二重織ジャカード素材はふわっとした肌触りで、総裏仕立てなので、夏はこれ一枚をさらりと纏いたい。身頃から一続きになった、裁ち出しのバックリボンは、決して甘くはなりすぎない、ニュアンスを楽しむ大人のためのリボン。結び目を変えたり、スカーフのようにアレンジしたりと、遊び心を満たしてくれるはず。

ブラミンク>のアイテムを着用したプライムガーデンスタッフのスタイリングをご覧いただけます。

プライムガーデンの店頭画像
プライムガーデン
「あたらしいラグジュアリー」をテーマに、大人の女性に向けシンプルでハイ・クオリティなファッションアイテム、クラフトマンシップあふれるライフスタイルグッズを展開する、伊勢丹新宿店 本館4階のセレクトショップ。
※本館4階 ザ・ステージ#4にてイベント・プロモーションを併設中。