梅雨突入!伊勢丹スタッフおすすめの雨傘5選

梅雨目前!伊勢丹スタッフおすすめの雨傘5選メインビジュアル
 

本格的な雨のシーズン。梅雨に限らず、季節の変わり目ごとに長雨がある日本では、年間を通して雨の対策が欠かせません。“ついついビニール傘”を卒業して、“長く愛用できる一本”を探したいという方のために、伊勢丹スタッフが売れ筋の傘を厳選。おすすめポイントとともにご紹介します。

 
 

おすすめ 1|55cmと大きめ、なのに軽い!
マッキントッシュ フィロソフィーのスマート折りたたみ傘

  • <マッキントッシュフィロソフィー>折傘の画像

     

     
 

突然の雨に備える折りたたみ傘は、軽量で場所をとらないタイプが人気。なかでもこちらは、重さ約110gと一般的なスマートフォンより軽く、畳んだ状態の直径は3.5~4cmととってもスリム!バッグの中にすっきり収まります。コンパクトな折りたたみ傘は小さくて心もとないという方もご安心を。親骨の長さが55cmと大きめサイズなので、男性でもゆったりお使いいただけます。

 
 

おすすめ 2|雨でも気分は晴れやか!
ハンウェイ×ディエッフェ キンロックのコラボ傘

  • <ハンウェイ×ディエッフェキンロック>の画像

     

     
  • <ハンウェイ×ディエッフェキンロック>の使用画像

     

    <HANWAY× Dieffe Kinloch/ハンウェイ×ディエッフェ キンロック>
    長傘(ネービーブルー) 16,500円 商品を見る
    長傘(ベージュ) 16,500円 商品を見る
    □伊勢丹新宿店 本館1階 イセタンリーフ
 

発売されるたびに好評を博しているのが、傘ブランド<ハンウェイ>と、アーティスティックなスカーフで知られる<ディエッフェ キンロック>がコラボレーションしたアイテム。2022年はハワイをテーマにした新作がリリースされました。ハワイの海辺や花、鳥を描いたリゾートムードたっぷりのデザインや、海の生き物がぎっしり描かれたユニークなデザインなど、見ているだけで気分が上がるラインナップです。

 

おすすめ 3|丈夫で優美、前原光榮商店の16本骨傘

  • <前原光榮商店>の画像

     

     
 

1948年、台東区に創業した老舗洋傘メーカー。昔ながらの製法を受け継ぎ、「生地を織る」「骨を組む」「手元を作る」「生地を裁断縫製する」という4分野の職人が、1本1本丁寧に手作りしています。美しい曲線を描く16本の多骨傘は、雨風の強い日にも安心。エレガントな光沢で、フォーマルなシーンにも似合います。

 
 

おすすめ 4|軽量でも安心感◎ハンウェイの8本骨折りたたみ傘

  • <ハンウェイ>折傘の画像

     

     
  • <ハンウェイ>折傘の使用画像

     

    HANWAY/ハンウェイ
    折りたたみ傘 各11,000円 ※店頭のみお取扱いとなります。
    レインコート 19,800円 商品を見る
    □伊勢丹新宿店 本館1階 イセタンリーフ
 

軽量タイプの折りたたみ傘は6本骨や5本骨のものが多いなか、こちらは8本骨タイプ。風の強い日でも安心感が違います。光沢のあるサテン生地を採用した全5色展開のなかで、特に人気なのがホワイト。顔まわりを明るく見せてくれるので、雨の日でも暗い印象にならずにおすすめです。

 

おすすめ 5|まるでアクセサリー感覚。ハンウェイのフリル傘

  • <ハンウェイ>の長傘の画像

     

     
 

傘の縁にあしらったフリルが、畳むと花束のような可憐な表情に。アクセサリーをプラスした気分で手にしたくなる一本です。傘の柄や全体のシルエットもすっきりスリムで、持ち運ぶ時もエレガント。トレンドのニュアンスカラーを取り入れて、かわいくなりすぎない大人な表情に仕上がっています。