ソムリエが本当に贈りたい白ワイン!予算別ギフト9選【2022年】

ソムリエが本当に贈りたい白ワイン!予算別ギフト9選【2022年】メインビジュアル

誕生日・お祝い・結婚祝い・記念日など特別な日に贈るギフトに「ワイン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
今回は、「ワインをプレゼントしたいけれど、何を選んだら良いのか分からない!」という方におすすめの白ワインを、伊勢丹新宿店 グランドカーヴの専属ソムリエ・宮沢 典芳がセレクト。「相手に価値が伝わりやすい銘柄」を中心に、ソムリエ自身が実際にギフトとして贈っている、または贈りたい白ワインを、3,000円・5,000円・10,000円それぞれの価格帯からご紹介します。

予算 約3,000円のおすすめ白ワイン

1.<メゾン デュ タストリュンヌ>ブルゴーニュ シャルドネ 2019

  • <メゾン デュ タストリュンヌ>ブルゴーニュ シャルドネ 2017の画像

    <メゾン デュ タストリュンヌ>ブルゴーニュ シャルドネ 2019 3,630円
    □伊勢丹新宿店 本館地下1階 グランドカーヴ
    □三越伊勢丹オンラインストア

白ワインの定番で安心して飲めるシャルドネ。日本酒好きの方にもおすすめです。
メゾンを設立したシルヴァン・デボール氏はブルゴーニュでも名だたる生産者のもと経験を積み、ブルゴーニュ大学では栽培・醸造について教鞭をとり、多くの作り手たちの育成に寄与してきました。このメゾンの名前の由来は、ブルゴーニュではワイン醸造の際に欠かせない「テイスティング用の小さなカップ」【taste:タスト】と、「月」を意味する【lune:リュンヌ】の合わせ言葉です。「タスト」はブルゴーニュワインの醸造家のこの産地への誇りを表し、「リュンヌ」は、このメゾンのポリシーでもある「月の満ち欠けに従った自然に逆らわない栽培と醸造方法」を意味しています。爽やかな柑橘系果実の味とエレガントな酸が特徴の白ワイン。魚介を使った料理との相性は素晴らしく、お互いの味を引き立て合います。

2.<ドンナフガータ>アンシリア 2020

  • <ドンナフガータ>アンシリア 2020の画像

    <ドンナフガータ>アンシリア 2020 2,860円
    □伊勢丹新宿店 本館地下1階 グランドカーヴ
    □三越伊勢丹オンラインストア

150年もの歴史をもつ高級ワイン会社を基盤に発足した由緒ある家。「ドンナフガータ(逃げた女)」という名は、19世紀初頭にブルボン朝の王フェルナンデス4世の妃マリア カロリーナ王女が、ナポリで起きた革命を逃れてドンナフガータ社の自社葡萄畑や醸造所のあるコンテッサ エンテリーナの地へ逃げてきたという歴史に因んで名付けられました。『アンシリア』は現在は『エンテッラ』と呼ばれる城塞都市のローマ時代の呼び名。ワインの名はこの歴史ある土地とルーツを同じくするところから名づけられました。白い花に白桃や黄プラムの香りとほのかなミネラル感。フレッシュでキリッとしており、非常にバランスの良い味わいは貝類・甲殻類をはじめ、海の幸との相性が素晴らしいです。

3.<ニコライホーフ>グリューナーフェルトリーナー 2018

  • <ニコライホーフ>グリューナーフェルトリーナー 2018の画像

    <ニコライホーフ>グリューナーフェルトリーナー 2018 3,300円
    □伊勢丹新宿店 本館地下1階 グランドカーヴ
    □三越伊勢丹オンラインストア

2000年前にローマ人がドナウ河流域のヴァッハウ地区マウテルンに建設したワインセラーが土台となる歴史ある醸造所。1971年からビオディナミを取り入れ、1992年にはdemeter(デメテール)の認定を受けています。オーストリアで初の辛口白ワインでパーカー100点を取得した生産者。段丘の畑から収穫したブドウを1カ月間発酵させた後、大樽で6カ月間熟成。品種由来の白コショウなどのスパイスを思わせる香りが特徴的で、柔らかい酸と柑橘系果実やリンゴの果実味が心地よい味わいのワインです。

予算 約5,000円のおすすめ白ワイン

1.<シャトー ド ベル>シャブリ テロワール ド ベル 2017

  • <シャトー ド ベル>シャブリ テロワール ド ベル 2017の画像

    <シャトー ド ベル>シャブリ テロワール ド ベル 2017 5,500円
    □伊勢丹新宿店 本館地下1階 グランドカーヴ
    □三越伊勢丹オンラインストア

シャルドネの定番としてシャブリは欠かせません。5,000円の価格帯でおすすめのシャブリが<シャトー ド ベル>。ブルゴーニュ地方最北の産地、シャブリの南東に位置する小さな村、ベルに本拠を置く400年の歴史を誇る名家です。2006年からパリの投資銀行を退職した女性のアテナイス氏が当主を務め、さらに話題と人気を集めています。
2011年からはビオディナミ農法へと転換し、より塩味と強いミネラルを感じるシャブリとなりました。この村の典型的なシャブリが持つ、熟していながらも、酸と石灰に由来するミネラルが楽しめるワインです。コルクの先端にのせるようにつけられた珍しいデザインの蝋封や、スタイリッシュなラベルデザインなど、印象に残る見た目も魅力の一つです。

2.<コント ラフォン>サンセール 2020

  • <コント ラフォン>サンセール 2020の画像

    <コント ラフォン>サンセール 2020 5,280円
    □伊勢丹新宿店 本館地下1階 グランドカーヴ
    □三越伊勢丹オンラインストア

フランス・ロワール地方の名門ラドゥセットの先祖でフランス銀行頭取であったラフォン伯爵の名前に因んで名づけられた生産者。決して樽での醸造と熟成は行わず、ブドウ本来のキャラクターを尊重し、ソーヴィニヨン ブランの特徴を最大限に引き出しています。

3.<マテッラ>シャルドネ オーク ノル 2020

  • <マテッラ>シャルドネ オーク ノル 2020の画像

    <マテッラ>シャルドネ オーク ノル 2020 5,280円
    □伊勢丹新宿店 本館地下1階 グランドカーヴ
    □三越伊勢丹オンラインストア

ラテン語で「母なる地球」という名の2007年にスタートした新進のファミリーヴィンヤード&ワイナリー。ナパヴァレー南部のオークノルに50エーカーの畑を所有。100%樽発酵、フレンチオーク(新樽40%)で7カ月熟成。レモンの皮やシトラスのようなフレッシュな香りのキャラクターと木樽からのクリーミーな風味が混ざり合った、この地区の典型的なシャルドネの味わいとなっています。

予算 約10,000円のおすすめ白ワイン

1.<メゾン デュ タストリュンヌ>ピュリニィ モンラッシェ V.V. 2019

  • <メゾン デュ タストリュンヌ>ピュリニィ モンラッシェ V.V. 2019の画像

    <メゾン デュ タストリュンヌ>ピュリニィ モンラッシェ V.V. 2019 13,200円
    □伊勢丹新宿店 本館地下1階 グランドカーヴ
    □三越伊勢丹オンラインストア

3,000円の価格帯でもご紹介した<メゾン デュ タストリュンヌ>の特級畑「ピュリニー モンラッシェ」は、隣接するシャサーニュ モンラッシェやムルソーと共に「シャルドネの完成形が誕生する地」と称賛される、ブルゴーニュ屈指の白ワインの産地です。同村の村名畑は、標高約250mの緩やかな斜面に広がり、化石を含んだ石灰質の層と泥や堆積物の層が積み重なった、非常に複雑な土壌から形成されています。透明度の高いミネラルを基調とし、区画ごとにさまざまな多様性や個性を楽しめるのが特徴的です。

2.<ドメーヌ ヴォコレ エ フィス>シャブリ グランクリュ レ クロ 2020

  • <ドメーヌ ヴォコレ エ フィス>シャブリ グランクリュ レ クロ 2020の画像

    <ドメーヌ ヴォコレ エ フィス>シャブリ グランクリュ レ クロ 2020 9,900円
    □伊勢丹新宿店 本館地下1階 グランドカーヴ
    □三越伊勢丹オンラインストア

シャブリの地で4世代にわたりワイン作りを続けてきた歴史あるドメーヌで、その品質の高さはヨーロッパやアメリカなど世界中で認められています。特級畑「レ クロ」は、シャブリの特級畑の中で最も有名で最もパワフルなワインを産出する畑として有名です。エネルギッシュなミネラルを持つ、最上級のシャブリ。蜂蜜を想わせる完熟した果実香と樽熟成に由来する複雑さのバランスが絶妙です。

3.<ルイスセラーズ>シャルドネ ナパ ヴァレー 2020

  • <ルイスセラーズ>シャルドネ ナパ ヴァレー 2020の画像

    <ルイスセラーズ>シャルドネ ナパ ヴァレー 2020 10,780円
    □伊勢丹新宿店 本館地下1階 グランドカーヴ
    □三越伊勢丹オンラインストア

現在の地位を築きましたが、家族経営の小規模なワイナリーから生産されるワインは年間わずか9000ケース。完熟したブドウを使ったナパらしい力強いスタイルを得意とします。温暖なオークノールと冷涼なカーネロスのブドウを合わせて、理想的なナパのシャルドネを作り出しました。焦がしたようなアロマ・ナッツを思わせるようなスパイシーさに洋ナシ・リンゴのキャラメルのフレーバーがあり、まろやかで絹のような柔らかさと洗練された上品さがあります。

  • 宮沢 典芳さん

  • 宮沢 典芳/ミヤザワ ノリヨシ

    伊勢丹新宿店専属ソムリエ

    2002年より伊勢丹新宿店に勤務。1997年 田崎 眞也氏主催「第1回コミ・ソムリエコンクール」最優秀賞。1998年JSA認定ソムリエ資格を取得。懐石料理店、フレンチレストランにてソムリエに従事。恵比寿「カーブ タイユバン」を経て現職。現在はワイン・洋酒売場「グランドカーヴ」での接客コンサルティング、ヴィンテージセラーを中心とした商品選定などを主に行う。シャンパーニュの祭典「ノエル・ア・ラ・モード」を当時のバイヤーと共に立ち上げる。2017年・2018年ジャパンワインチャレンジ審査員。2019年2月コマンドリー デュ ソルト ブション シャンプノワ叙勲。