現代アーティスト トム・サックスが伊勢丹新宿店での展覧会で見せる「初の試み」

現代アーティスト トム・サックスが伊勢丹新宿店での展覧会で見せる「初の試み」とは。

©Tom Sachs

「Tom Sachs:Retail Experience」
□開催期間:2020年9月29日(火)~11月30日(月)
□開催場所:伊勢丹新宿店本館2階=イセタン ザ・スペース

ニューヨークを拠点に活動している現代アーティスト、トム・サックス(Tom Sachs)が、小売体験すべてをフルデザインする展覧会「Tom Sachs:Retail Experience」を開催。9月29日(火)から11月30日(月)まで、約2カ月に渡って伊勢丹新宿店本館2階=イセタン ザ・スペースにて行われる。

「月面」がテーマのアート作品や新作家具など展示・販売

「Tom Sachs:Retail Experience」は、アート、家具、プロダクトが一堂に展示され、それらをすべて購入できるトム・サックスとしては初の試みとなる展覧会。彼のアイコンともいえる合板(Plywood)を使用した空間デザインもトム本人が手がけ、展覧会場そのものが彼の作品といえるのも見どころの一つである。

Chess Set
「Chess Set」
©Tom Sachs
Courtesy of Tomio Koyama Gallery
Shop Chair
「Shop Chair」418,000円[伊勢丹新宿店先行発売]
©Tom Sachs
Side Table
「Side Table」418,000円[伊勢丹新宿店先行発売]
©Tom Sachs
Funny Packs
「Funny Packs」55,000円[伊勢丹新宿店先行発売]
*カラーにより発売時期が異なります。予めご了承ください。
©Tom Sachs
Tom Sucks x ISETAN T-Shirt
「Tom Sucks x ISETAN T-Shirt」7,590円[伊勢丹新宿店限定発売]
©Tom Sachs
Quarter Screw
「Quarter Screw」52,800円[伊勢丹新宿店先行発売]
©Tom Sachs

会期中は、2000年代に制作された「月面」をテーマにした希少なチェスセットをはじめ、代表的な作品である茶碗などのアートピースの展示・販売のほか、新作家具や伊勢丹新宿店限定Tシャツ、日常で使用できるノートやステッカーまで、多数のアイテムを販売予定。

また、関連展示として10月2日(土)より予約制にて実施される「Indoctrination Center*」では、同会場内の2つの映像作品をご覧の上、複数の設問すべてに正解したお客さまにドッグタグ(非売品)がプレゼントされる特典付きだ。

さらに、本展開催に合わせ、9月23日(水)から10月13日(火)までの期間は本館1階のウィンドウディスプレイ及び中央通路もジャック。誰もがアクセスできるように、さまざまな階層のアート作品やトムによってデザインされたプロダクトの展示も予定している。

※「Indoctrination Center」の詳しい予約方法は、「イセタン ザ・スペース(@isetan_the_space)」公式インスタグラムにて発表いたします。

「現代アートを身近なものに」というバイヤーの想いを具現化

Quarter ScrewQuarter Screw

Photo:Tadashi Ono


東京オペラシティ アートギャラリーでの展示風景(2019)
 

本展は、日常生活に現代アートを取り入れることを提案していきたいと考えていた伊勢丹新宿店が、これまでにハイエンドブランドともコラボレーションし、現代的なアイコンを精巧なクリエーションに落とし込んだ作品が国内外で支持を集めていたトム・サックスに注目。

本企画担当者の友人がトムの作品の収集家であったことから紹介を受け、トム本人に直接コンタクト。約1年の構想期間を経て今回の開催に行き着いた。

この間、担当バイヤーの大田彩らは、ニューヨークを訪れた際に、ロックアウェイ・ビーチにあるビーチハウスに招待され、 サーフィンという共通の趣味を通じてトムとの交流を深めてきたという。

また、トム・サックスのアーティストとしての最初の仕事はアメリカ・バーニーズ ニューヨークでのウィンドウディスプレイの制作だったことから、今回の展覧会はデパートという場によってリンクしており、彼にとっても特別な想いで取り組んだそうだ。以下、本人よりコメント。

トム・サックスのコメント(原文)

“Good business is the best art of all”──アンディ・ウォーホール

トム・サックス スタジオのプライオリティは彫刻にあります。ここであなたが目にするモノは、made by hand in USAです。チェア、テーブル、ランプ、キャップ、ノート、シャツなどは日用品です。しかし、それらはまた”アート”でもあるのです。慎ましやかなオブジェたちは、スタジオのエネルギーがもたらす大胆さと、細部へのこだわりを表現しています。

これらはすべて”彫刻”であります。

”Retail experience”とは、スタジオの物理的発現の入手をあらゆる人と分かち合う機会のことです。

「Tom Sachs:Retail Experience トム・サックス:店舗体験」では、通常はアートギャラリーや美術館にあるアートワークを”あなたの家”に置くことが可能になります。我々は日本への愛情から伊勢丹新宿店を選択しました。我々の価値観である、ハードワーク、クラフトマンシップ、献身、敬意、そして”愛”は、日本においては、満たされさらに上回っていきます。

この機会を皆さまにご提案できることを大変光栄に思います。

Tom Sachs/トム・サックス

Photo:Mario Sorrenti

トム・サックス
アーティスト。1966年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。身の周りにある素材を使って現代のアイコンを再現するなど、ジャンルを超越したサックスのミクストメディアによる彫刻作品を発表。2019年に東京オペラシティ アートギャラリーで行われた日本での初個展「トム・サックス ティーセレモニー」も記憶に新しい。

企画協力
小山登美夫ギャラリー
1996年に東京・江東区佐賀町に開廊し、2016年より六本木に拠点を移す。開廊当初から海外アートフェアへ積極的に参加し、日本の同世代アーティストを国内外に発信。トム・サックスとは20年を越えて仕事をしており、東京オペラシティアートギャラリーでのサックスの個展「ティーセレモニー」(2019年)での企画協力、六本木のスペースでの同時個展開催などがある。

「Tom Sachs:Retail Experience」
□開催期間:2020年9月29日(火)~11月30日(月)
□開催場所:伊勢丹新宿店本館2階=イセタン ザ・スペース

[予約制]Indoctrination Center
□開催日:2020年10月2日(土)~
□開催場所:伊勢丹新宿店本館2階=イセタン ザ・スペース
□定員:各回2名さま(各回約60分)

※イベントや商品、販売方法など詳しくはISETAN THE SPACE のインスタグラムで順次公開していきます。
@isetan_the_space
#tomsachsisetan

※価格はすべて、税込みです。
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

 
この記事のお気に入り登録数: 0
シェアする