食卓が華やぐ!アペリティフに合わせたい美味

ティータイムもときめく、お待ちかねのスイーツ

今回、特別にご用意した<sio>のフレンチ弁当をはじめ、アペリティフに合わせたい美味にフォーカス。お皿に盛って、テーブルに並べて、おうち時間を心ゆくまで楽しみましょう。

1. おうちでおいしい!フレンチのイノベーターが作る特別予約受注の贅沢弁当

代々木にある2021年度ミシュランガイド東京に掲載のレストラン<sio>。異色の経歴を持つシェフ・鳥羽周作氏がお客さまと徹底的に向き合うことで生まれた、おうちでお店の味を楽しめる予約受注の贅沢弁当を特別にご紹介します。

弁当は数十センチの箱の中に制限があるからこそ、クリエティブ。食材や調理法、味付け、見た目や食感のバランスを考え抜き、冷めてもおいしく、華やかな気分になれる<sio>の技術が詰め込まれた贅沢なお弁当です。ユーモア溢れるお品書きと照らし合わせながら楽しめるのも魅力。

<sio>特製贅沢弁当 各日50点限り 13,500円(日本製/雲丹すき焼きちらし+おかず1段)
※お渡し:4月9日(金)・10日(土)・11日(日)(各日午後5時から午後7時まで)
※4月4日(日)までのお申込みとなります。
※仕入れ状況により食材が変わる場合がございます。

お弁当の詳細・ご注文はこちら

<sio>鳥羽周作氏
※来場はございません。

1978年生まれ、埼玉県出身。Jリーグの練習生、小学校の教員を経て、32歳で料理人へと転身した異色のシェフ。神楽坂<DIRITTO>、青山<Florilege>、恵比寿<Aria di Tacubo>といった名店で修業を積み、2016年3月より代々木上原<Gris>のシェフに就任。その後、同店のオーナーシェフとなり、2018年7月より<sio>としてリニューアルオープン、ミシュランガイド東京2020で一ツ星獲得。2019年10月丸の内ブリックスクエア内にアラカルトで楽しめる<o/sio>をオープン。12月東急プラザ渋谷内にオープンした純洋食とスイーツ<パーラー大箸>を監修。緊急事態宣言後に、お店のレシピを公開したことがきっかけとなり、2020年9月28日に初のレシピ本『やさしいレシピのおすそわけ #おうちでsio』を出版。

2. アジアが認めた気鋭シェフのパテ・クルート

第6回パテ・クルート世界選手権アジア大会2020を制した福田耕平氏と中秋陽一氏。両シェフのスペシャリテともいえるパテ・クルートがいよいよ会場に!

コニャックとポルト酒で2日間マリネした芳醇な香りを纏ったシャラン鴨とフォア・グラに、ナッツと白いちじくのアクセントを加えたファルス。ジュレはキレのある赤ワインベースのダブルコンソメ。外側のパートはフランス産の小麦を2種類ブレンドした風味と食感です。

<メツゲライ・ササキ・プロデュースドバイ・ブッツ・デリカテッセン>シャラン鴨とフォア・グラのパテ・クルート 各日2kg限り 2,160円(日本製/100gあたり)

<ブッツ・デリカテッセン>福田耕平氏
※来場はございません。

2015年 第15回メートル・キュイジニエ・ド・フランス“ジャンシリンジャー杯”全国大会決勝 準優勝。2017年 第16回メートル・キュイジニエ・ド・フランス“ジャンシリンジャー杯”全国大会決勝 デザート部門1位。2018年 第4回パテ・クルート世界選手権アジア大会 準優勝。2020年 第6回パテ・クルート世界選手権アジア大会 優勝など、数々のチャレンジを経て現在に至る。

Q.シェフをめざすきっかけは?
料理人になろうと思ったきっかけは小学生の頃に見たテレビドラマでした。その後、やるからには世界一を目指せたほうがいいという単純な理由でフレンチシェフになろうと決めた記憶があります。

Q.素材や作り方でこだわった点は?
今回の私のパテ・クルートは鴨がメインです。鴨は国産、フランス産いろいろなものを試しました。そこで選んだのが今回使用したシャラン鴨です。シャラン鴨のおいしさをよりシンプルに表現し、食べ手に真っ直ぐ想いが伝わるようなパテ・クルートに仕上げました。

Q.おすすめの食べ方やアレンジは?
このパテ・クルートは濃厚なうまみとアルコールやナッツの芳醇な香りが特徴です。ぜひフランスのワインとともにお召し上がりください。

Q.第6回 パテ・クルート世界選手権アジア大会2020に参加して、良かったと思える点や、自身の中で変化したことは?
これまで4度決勝でチャレンジしてきましたが、今回やっと優勝することができました。今まで私を育ててくれた方、今現在の環境に本当に感謝しています。今後はパテ・クルートだけでなくフランスの食文化を微力ながらさまざまな形で発信していけたらと思います。

Q.フランスの好きなところは?
肩ひじ張らずに人生、日々の生活を楽しんでいる、(ように見える)ところです。日本人の価値観「粋」を西洋風に体現している気がします。

Q.来場するお客さまへのメッセージをお願いします。
2021伊勢丹フランス展をきっかけにパテ・クルートをはじめとしたシャルキュトリというフランスの食文化を知っていただきありがとうございます。この奥深きフランスの食文化から必ず、なにかもっと、お客さまの感性が刺激され、新たな“口福”(幸福)な生活が訪れることを願っております。

フランス産のホロホロ鳥や鴨、そしてフォアグラを贅沢に使ったなめらかなファルスに、牛タンの軽い燻製香がアクセントになっております。ドライフルーツやコンフィチュールと一緒にお召し上がりになるとさらに味わいに深みが出ます。

<ア・ターブル>燻製した牛タン、フランス産家禽とフォアグラのパテ・クルート 各日2kg限り 2,160円(日本製/100gあたり)

<ア・ターブル>中秋陽一氏
※来場はございません。

1981年東京都江戸川区生まれ。服部栄養専門学校を卒業後、フレンチレストラン<モナリザ>を経て渡仏。名だたる星付きレストランで4年半の研鑽を積む。帰国後は都内のレストランやホテルで料理長を経験。その後<ア・ターブル>を開店し現在に至る。

Q.シェフをめざすきっかけは?
高校生の時に何気なく始めた飲食店でのアルバイトがきっかけです。

Q.素材や作り方でこだわった点は?
私がフランス料理を作る時は必ず、フランス人から見てフランス料理とすぐに思ってもらえるか…、フランスらしさを大事にしています。食材は可能な限りフランス産を使用し、現地と同じ味わい、香りに仕上げています。

Q.おすすめの食べ方やアレンジは?
ドライフルーツやコンフィチュールなどと一緒に召し上がっていただいてもいいかと思います。

Q.第6回 パテ・クルート世界選手権アジア大会2020に参加して、良かったと思える点や、自身の中で変化したことは?
今回で3回目の決勝戦でしたが、毎回他の出場者の作品や審査員シェフの感想などを聞いて勉強させていただいております。変化した事は、少しだけ自信がつきました。(笑)

Q.フランスの好きなところは?
全部です(笑)。料理はもちろんですが、人や文化、風景などフランスという国の雰囲気が私には合っているのかと思います。

Q.来場するお客さまへのメッセージをお願いします。
フランス料理の中で、まだまだ馴染みの少ないパテ・クルートですが、この料理には作り手である料理人の技術が全て詰まっています。ご来店のお客さまにはぜひご賞味いただければ幸いです。

第6回 パテ・クルート世界選手権アジア大会2020をレポート!

2020年10月21日にフランス大使公邸にて第6回パテ・クルート世界選手権アジア大会決勝が開催されました。フレンチシャルキュトリを代表する「パテ・クルート」をテーマに、伝統とオリジナリティが融合したパテ・クルートが求められ、全体の味わい、パテの構成とともに、パテ全体とカットした断面の美しさも大事な審査基準となります。この大会の上位2名が2021年に開催を予定しているパテ・クルート世界選手権の日本代表として出場することができます。すでにファイナリスト12名が選出され、出場したファイナリストはいずれもそうそうたる顔ぶればかり。そんな中でアジア大会を見事に制したのが1位に輝いた<ブッツ・デリカテッセン>福田耕平氏と2位に選ばれた<ア・ターブル>の中秋陽一氏。パテ・クルート世界選手権では毎回上位に入賞する日本ですが、二人の活躍に心からの声援を送りたいと思います!

3. いま注目のシャルキュトリ&フレンチデリ

鴨肉、ホロホロ鳥、鶏肉の3種の味わいが楽しめます。豚肉のベースにモリーユ茸と砂肝のコンフィ、ピスタチオの香りと旨味を閉じ込めました。

<メツゲライ・クスダ>パテ・クルート トロワヴォライユ・フォアグラ 各日2kg限り2,160円(日本製/100gあたり)

<メツゲライクスダ>楠田裕彦氏
※来場はございません。

ハム職人だった父の独立に伴い、鹿児島県に移り、幼少期より、仕事を手伝う。1966年、渡欧し、ドイツとフランスで修業を開始。2004年、神戸に移り「メツゲライクスダ六甲店」を開店。2013年、フランス国内の最優秀シャルキュティエ(肉食加工品職人)決める「concours Chefs charcutier-traiteurs」に、特別招待選手として出場。2015年11月、農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」受賞。2016年9月、経済産業省「クールジャパン」政策において、日本が誇るべき優れた地方産品「The Wonder500」に選ばれる。パテ・クルート世界大会アジア選手権の審査員も努める楠田氏。日本におけるシャルキュトリ文化を広めるべく、日本国中で活躍を続けている。

※画像はイメージです。

フランスでは復活祭の前後に仔羊を食べる習慣があり、仔羊は春を象徴するご馳走。柔らかく煮込んだ骨付きのすね肉はボリュームたっぷり。菜の花のニョッキやグリーンピースなどを添えた、春を感じる一品です。仕上げにはまろやかなコクと酸味のトマトと、有機人参ペーストにビオマスタード、カラマンシーヴィネガーを合わせた2種のコンディマンをご用意。フライパンひとつで簡単に作れるミールキットです。

<スター・テーブル>仔羊の煮込み 菜の花のニョッキ 4,860円(日本製/1セット/2人前/冷凍販売)

<スター・テーブル>監修:長澤宜久氏

1991年に渡仏、<ラ・コート ドール>他三ツ星レストランやブラッスリー、カフェまで各地の名店で経験を積む。2001年に東京・南青山の伝説のフレンチレストラン<アディング・ブルー>のシェフに就任、2013年よりブルーノートグループ エグゼクティブシェフを務める。帰国後もフランスの料理人や生産者との交流を大切にし、近年では日本各地の文化や伝統食材なども積極的に取り入れ、日々食と音楽の繋がりを追求している。ブルーノートグループの食のオンラインストア<スター・テーブル>では、「フライパンで簡単フレンチ」シリーズをはじめ、宅配ディナーのオリジナル商品を開発・監修。

※画像はイメージです。

カスレとは、日持ちするように作られた豚肉のソーセージ、羊肉や鴨肉のコンフィなどとたっぷりの白いんげん豆を一緒にコトコト煮込んだ、フランス南東部ラングドックの伝統的な地方料理のこと。今回のレシピの決め手は、フランス西部シャランでビュルゴー家に飼育されている滋味深く柔らかな肉質のシャラン鴨。仕上げのトマトソースには、フランス・バスク地方で飼育される希少な豚「バスク種キントア豚」を使ったサラミが隠し味として使われています。フライパンひとつで簡単に作れるミールキットです。

<スター・テーブル>カスレ 4,860円(日本製/1セット/2人前/冷凍販売)

<スター・テーブル>監修:長澤宜久氏

2010年2月、中目黒に店内熟成庫を構えリニューアルオープンした神谷英生氏が手がける熟成とジビエの美味さが楽しめるレストラン。食生活をより豊かにするレストランメイドの本格的な料理とできたてにこだわった商品を追求し、自社熟成肉やジビエ肉を主体とした肉加工品やオリジナルサンドイッチ、フレンチ惣菜を提供しています。丁寧に熟成を施した雑味のない鹿肉本来の旨みを堪能してください。

<ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ>岐阜県産 熟成鹿肉と白イチジクのテリーヌ 30点限り 1,296円(日本製/1切れ)

<ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ>神谷英生氏

<ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ>のシェフが手がけるお肉専門店の本格的なテイクアウト。低温調理でしっとり仕上げたプロヴァンスハーブが香るローストポークを贅沢に挟んだサンドイッチをはじめ、レストラン<ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ>自慢のシャルキュトリをお楽しみください。

手前.<フレンチデリカテッセンカミヤ>やわらか厚切りローストポークサンド 各日200点限り 1,188円(日本製/1セット)
上奥.<ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ>シャルキュトリヴァリエ 各日30点限り 1,620円(日本製/1セット)

<フレンチデリカテッセンカミヤ>神谷英生氏

※画像はイメージです。

春が旬のホワイトアスパラガスを皮と一緒に風味豊かに茹で上げて、爽やかな酸味のトマトコンソメと一緒に仕立てた一品。レストランの前菜でしか食べられないクオリティのフレンチ惣菜をぜひご自宅でもお召し上がりください。

<ルディック>フランス産ホワイトアスパラガスのトマトコンソメジュレ仕立て 1,404円(日本製/1パック)

<ルディック>大塚勝也氏

※画像はイメージです。

“フランス人の日常の食事”をテーマに、ご自宅で簡単にフランス料理がお楽しみいただけるメニューをラインナップ。今回のフレンチカレーには羊肉を使い、相性のよいトマトとスパイスでカレーに仕立て、生姜のバターライスを添えました。

<ル・トレトゥールK>
岩手県 やながわ羊のスパイシーカレー生姜のバターライスセット 1,620円(日本製/1食/冷凍販売)
シャラン鴨コンフィ ジャガ芋のピューレ付 2,484円(日本製/1食/冷凍販売)

<ル・トレトゥールK>梅林克也氏

田中シェフが講師を務める専門学校とのコラボ。食卓が華やかに!季節の彩野菜をギュッと詰め込んで、ブイヨンゼリーでまとめた野菜のテリーヌ。ビーフシチューは丁寧に下処理を施した牛肉が決め手。自家製フォンドヴォーで長時間煮込みトロッとやわらか。ボリュームたっぷりです。

<ビストロエガリテ×東京ベルエポック製菓調理専門学校>
a.野菜テリーヌ 各日30点限り 1,080円(日本製/1枚)
b.ビーフシチュー 各日30点限り 1,944円(日本製/1セット)

<ビストロエガリテ>田中勇一氏

※画像はイメージです。

フランス人シェフのベルナール・アンティクル氏がレシピを監修した味わい深いグルメをご家庭で手軽に楽しめるシリーズ。シェフが在日フランス大使館勤務時代に、フランス大統領と昭和天皇の晩餐会で披露した料理を再現した「カイユ(うずら)のフォアグラ詰め」をはじめ、<ボルディエ>の海藻バターを贅沢に使い、アワビとほうれん草をソテーしてリッチなコクを引き出したものなど、毎日の食卓に彩りを添える風味豊かなデリカテッセンが揃いました。

<クラシック・グルメ>
カイユ(ウズラ)のフォアグラ入りファルシー 森のきのこ風味 2,484円(日本製/1食/冷凍販売)
アワビのボルディエ海藻バターソテー 2,808円(日本製/1食/冷凍販売)

<クラシック・グルメ>ベルナール・アンティクル氏

※画像はイメージです。

鴨をこだわりの塩と秘伝の香辛料に一晩漬けこみ、低温のオイルの中でじっくり火を入れる「コンフィ」という料理法で仕上げています。ホロホロとした鴨肉、そしてトロトロのお豆をお楽しみください。器ごとお渡しいたします。

<レトノ>フランス産鴨モモ肉のコンフィ 各日20点限り 3,024円(日本製/470g入り/直径15cmグラタン皿付/冷凍販売)

ご購入はこちら

<レトノ>和田倫行氏

日本の老舗フレンチからヨーロッパの星付レストランで修業後、2010年にリーズナブルに本格的な美味しいワインと料理を提供するビストロレストラン<レトノ>をオーナーシェフとしてオープン。毎年フランスへワインの買い付けに行き、日本人として初の南仏リュベロン地区ワイン大使を受賞。お店の地下セラーには2万本以上の自社輸入ワインを所有。

ワインに合わせることだけを考えた大人のためのチーズケーキです。何十種類ものブルーチーズを試作した中で、ワインに合う配合や口当たりを実現させました。選び抜いたイタリアのゴルゴンゾーラピカンテを惜しみなく使い、空気を含んだ生地の香りと風味、そして上にのっているクランブルの食感すべてをお楽しみください。

<レトノ>ワインに合うチーズケーキ 各日20点限り 4,320円(日本製/250g/冷凍販売)

ご購入はこちら

<レトノ>和田倫行氏

※画像はイメージです。

<ビヨ>は、ブルゴーニュ地方バソーに拠点を置くエスカルゴのブランドです。18世紀後半、リヨンとパリを結ぶ街道にある宿で、バターとパセリをふんだんに使った「ブルゴーニュ風エスカルゴ」を旅人達に供したことから、この料理はフランス中に広まりました。それ以来<ビヨ>はエスカルゴのリーダー的存在として発展。ブイヨンと白ワインで湯がき、バターに、にんにく、パセリ、スパイスを混ぜたものと一緒に殻に詰め、冷凍しました。200度に熱したオーブンで10分焼くだけで本格エスカルゴが楽しめます。

<ビヨ>エスカルゴバター詰め 1,728円(フランス製/12個入/冷凍販売)

※画像はイメージです。

1875年にフランス・ペリゴール地方に創設された<ルージエ>は5世紀にわたり受け継がれた創造性とノウハウを活かし、クオリティの高いフォアグラを作り続けています。高級食材で調理が難しいイメージですが、小分けパックになっているため、ご自宅でも調理しやすいのが特徴。簡単に焼けて加熱した時に出る脂も非常に少なく、ワインに合うフォアグラ料理が手軽に味わえます。

<ルージエ>ファグラド カナールエスカロップ 1,296円(フランス製/50g/冷凍販売)

甘い脂がとろける香り高い生ハムや、アペリティフタイムに欠かせないサラミなどを、その場で切りたて販売!

<ピエール・オテイザ>シャルキュトリ各種
純血黒豚キントアの生ハム 3,456円(フランス製/100g)
サラミ各種 1,512円(フランス製/100g)

ご購入はこちら

ブレッツ社は、ブルターニュ地方のポンティヴィー盆地を中心に265戸を超える契約農家とパートナーシップを結び、遺伝子組み換えをしていない品質の高いジャガイモを厳選して使用。ヒマワリ油で調理し、ゲラントの塩で仕上げています。香り高いポルチーニは贅沢な大人のためのポテトチップスとして、お酒のおともにもおすすめです!

<ブレッツ>ポルチーニ 486円(フランス製/125g)

伊勢丹フランス展

後援:在日フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス

伊勢丹新宿店 本館6階 催物場

エムアイカード会員さまおよび三越伊勢丹アプリ会員さま特別ご招待日
2021年4月6日(火) 午前10時〜午後8時

特別ご招待日ご入場の際は、エムアイカードもしくは三越伊勢丹アプリのダウンロード・WEB会員登録後のクーポンをご呈示ください。(お一人さまごとの登録が必要です。)

三越伊勢丹アプリについて

一般会期
2021年4月7日(水)~4月12日(月) [最終日午後6時終了]

会期前にいち早くチェック!
伊勢丹フランス展 オンラインストア
2021年3月24日(水)午前10時~4月11日(日)午前10時

三越伊勢丹オンラインストア
シェアする