4人の若手ソムリエが選ぶ
ビギナーにおすすめのイタリアワイン

4人の若手ソムリエが選ぶビギナーにおすすめのイタリアワイン

三越イタリア展

Part1.2022年4月27日(水)〜5月1日(日) [最終日午後6時終了]
Part2.2022年5月3日(火・祝)〜5月9日(月) [最終日午後6時終了]
日本橋三越本店 本館7階 催物会場

5月2日(月)は、三越イタリア展はお休みとさせていただきます。
※商品により販売期間が異なる場合がございます。
※会場での酒類の無料試飲提供はございません。

2022年 「三越イタリア展」は終了いたしました。
次回をお楽しみに。

後援:イタリア大使館 貿易促進部

毎回大にぎわいのワインコーナー。
Part1.では有名生産者やバックビンテージを中心に、
Part2.では気鋭の生産者やお求めやすさ、自然派をテーマにワインをセレクト。
ここでは、イタリアワインのおいしさに目覚めたばかり…
というビギナーの方に向けて、4人のソムリエがおすすめのワインをご紹介します。

サルヴァトーレ・フェラガモ氏が手掛けるワインを三越イタリア展で限定販売!

  • 株式会社トゥエンティワンコミュニティ 髙橋優也氏

    1991年生まれ。福岡県出身。前職でワインを中心に取り扱う飲食店の店長として約5年間店舗運営に携わる。よりワインの知識を深めるため、インポーターに転職。趣味は、飲食店巡り、映画鑑賞、スノーボード。

    ・好きなワイン:プリズナー、アマローネ
    ・好きな食べ物:ラーメン、焼肉

  • エノテカ株式会社 酒井佑大氏

    1995年生まれ。愛知県出身。実家は酒屋。幼少期より家業の手伝いをしていた影響もあり、エノテカ株式会社入社。3年間のショップ勤務を経て、卸事業部に所属。趣味は、自宅で料理を作りワインとのマリアージュを楽しむこと、妻の好きなワインを探すこと。

    ・好きなワイン:アマローネ
    ・好きな食べ物:オリーブ

  • 株式会社グラン・サム 米山直毅氏

    1989年生まれ。東京都出身。大学時代イタリアに一年間留学、主にボローニャに滞在。在学中のアルバイトでワインに魅せられ、イタリアンレストランでソムリエ資格取得後、ワインを含む食品輸入商社を経て、現職のイタリアワイン専門インポーターへ。イタリアでのバイイングから日本でのマーケティング・セールスまでを担当。

    ・好きなワイン: フランチャコルタ、ガヴィ、ブルネッロ
    ・好きな食べ物: ボロネーゼ、麻婆豆腐

  • 株式会社三越伊勢丹 小松優一朗

    1995年生まれ。広島県出身。高校生の頃、東京に憧れ上京。大学時代にイタリアンレストランでのアルバイトに明け暮れ、食とワインの美味しさ、接客業の楽しさを知り、三越伊勢丹入社。フランス展、英国展などの催事担当を経て、現ワイン担当。趣味は畑いじり、魚釣り。お酒は仕事であり、趣味。

    ・好きなワイン:シチリア島のワイン
    ・好きな食べ物:パスタ

※掲載のプロフィールは2022年3月31日現在のものです。

ソムリエ 米山直毅が選んだ“この一本!”

<グラン・サム>カッシーナ・レ・プレゼーリエ ハムサ ルガーナ 3,300円(白/750ml/イタリア製)
※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

イタリアの北部、ルガーナ地区は、知る人ぞ知る白ワインの銘醸地。収穫したブドウをレモン果汁1%の水で洗浄するというとても珍しい製法で、雑味の元となる汚れを洗い落とします。清涼感のあるスッキリとした味わいで、どこまでもピュア。洗練された味わいに、ブドウ本来のパワーが感じられます。春キャベツ、あさり、そら豆、グリーンアスパラなどの旬の食材と相性抜群です。

ソムリエ 酒井佑大が選んだ“この一本!”

<エノテカ>コルテ・ジャーラ・プロセッコ・ミッレジマート・ドライ 1,890円(白発泡/750ml/イタリア製)
※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

「イタリアNo.1生産者」に輝いた名門アレグリーニが手掛ける、ビンテージスパークリング。魅力は何と言っても非常に高いコストパフォーマンス!洋ナシやリンゴのフレッシュな果実と花のような華やかな香り。口に含むと、繊細で柔らかな泡が弾け、果実の甘み、ふくよかな味わいが広がります。フルーティーな味わいを適度な酸がスッキリとまとめあげているシャープな仕上がり。生ハム、冷製パスタ、フレッシュチーズと一緒にお楽しみください。

ソムリエ 髙橋優也が選んだ“この一本!”

<トゥエンティワンコミュニティ>ヴァローネ アパッシメント・ネグロアマーロ 2018 2,750円(赤/750ml/イタリア製)
※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

私が、個人的に好きなイタリアワイン"アマローネ"。陰干ししたブドウを発酵させる伝統製法によって生み出される、ブドウの糖度や旨味が凝縮した濃厚濃密で優しい味わいがたまりません。そんなアマローネは、デイリーで飲むワインとしては少しお高く、手を出しづらいのですが、そんな時に出会ったのがこちらの「アパッシメント・ネグロアマーロ」。デイリーにアマローネ感を楽しみたい方におすすめです!ボトルも華やかで高級感があり見た目のインパクトも◎。牛肉のステーキやラムのほか、イチゴやベリーなどの果実を煮たデザートやソースと相性抜群です。

ソムリエ 小松優一朗が選んだ“この一本!”

<日欧商事>ラクリマ・クリスティ・ロッソ 3,190円(赤/750ml/イタリア製)
※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

私がワイン担当になった際、初めて飲んだとても思い入れのある一本。“ラクリマ・クリスティ(=キリストの涙)”という名前に込められたストーリーも面白い“語れるワイン”です。蒼く美しいナポリ湾は悪魔が天国の一部を切り取って落として生まれたものであり、美しい青空の一部を失い悲しんだキリストが涙を流し、その涙が落ちた土地で生まれたのがこのワインだと言われています。ボリュームがしっかりとありながらタンニンがなめらかで、フレッシュな味わいとみずみずしいベリーの香りが特徴。牛肉との相性が良いので個人的にはBBQのお供におすすめです。仲間の前で手際良くワインを抜栓すれば「おっ!」となりますよ!